一瞬で変わる!オシャレな「坊主の教科書さん」からみるファッションあるある

ファッション
VladBitte / Pixabay

今日は「坊主頭の教科書さん」の話です。

仕事で、東京ビッグサイトで行われる雑貨系(同時に開催されることが多いファッション系)の展示会にいくことがあります。

新商品(自慢の商品)を紹介する場なので、どのブースの出展者も気合が入っています。(出展料も高額だしね)

展示会場には、出展者のみならず、新商品の買い付けに来た入場者の中にも、おしゃれなファッションに身を包んだ坊主頭お手本のような人も多くみかけます。

「坊主頭のファッション」を磨きたい方はこの続きもみてね。

スポンサーリンク

展示会にいるオシャレ坊主のファッションあるある

展示会でみかける、自慢げな坊主頭の人を「坊主頭の教科書さん」と呼ぶこととします。

「坊主頭の教科書さん」はの多くはアラフォーサラリーマンであり、フサフサヘアから坊主頭にしいる人は少ないです。

アラフォーという年代の為か、ハゲが原因で坊主頭なので私達の「坊主頭の教科書さん」になるのです。

*オーソドックスなメガネ・ファッションの方はこのあるあるに含まれていません。

「坊主頭の教科書さん」のメガネは白いフレームが多い

坊主頭で白のメガネのフレームをかけた出展者を一つの展示会に3~4人くらい見ます。(来場者を含めるともっとたくさん)

確かに坊主頭+白のフレーム(赤・青)はタダものではない感がスゴイでますよね。

悩み深蔵
悩み深蔵

白は無理かな・・・

「白」は、なかなか挑戦できないフレームの色です。

フサフサヘアの人がかけたら「目立ちすぎだろ?」な印象となりそうですか、坊主頭がかけると「(坊主頭・インパクト)+(白フレーム・インパクト)=良くなじむ?」インパクトがインパクトを消すのかは定かではありませんが展示会場でみるかぎりでは、違和感はさほどない感じはします。

金・銀のメタルで真ん丸な細いフレームも多い

40~50位の経営者っぽい出展者では、無精ひげに、クラシックな雰囲気の金・銀のメタルで真ん丸なフレームをかけている人もいます。

普通のファッションで坊主頭の人が金銀のメタルの丸フレームだと「おじいさん」に見えてしまわないか?心配してしまうところですが「坊主頭の教科書さん」には確かに似合っています。

▼こんな感じのメガネ

 

スポンサーリンク

もっとオシャレな「坊主頭の教科書さん」のファッションを学べ

 

展示会では、基本的に「仕事中」なので帽子を被っている坊主頭の人はあまりいません。

それに「オシャレさんだな~」と思うような教科書さんは、”坊主頭”自体が武器なので、坊主頭のベースがハゲていようが、薄かろうが関係なく刈り高は3mm以下の仕上がりを見せています。

 

坊主です
坊主です

中途半端な長さの坊主頭や手入れを怠っている人はいない

出典 https://jp.pinterest.com

分かりやすく言うとこんな感じ(ここまでリラックスしてないけど)

雑貨系の大きな展示会では3日間という開催期間と長時間の接客となるので、少し動きやすさも考慮され、スーツというよりは、黒・ネイビージャケットスタイルで、細みのパンツ+スニーカーと合わせている坊主頭の人に遭遇します。

素足に白のスニーカーやニューバランスも多い

東京ビッグサイトの展示会場にいる「坊主頭の教科書さん」はオシャレは足元からの言葉通り、決してかかとのすり減った革靴なんて履いてません。

展示会期間中は、足の疲れを考慮してか革靴ではなく、スニーカーを履いている坊主頭の人も多いです。

素足(実際には足が蒸れないようにソックスを履いている)に革靴や、高そうなニューバランスを履いていると「おっ!」と思います。

商談の駆け引きだけでなく「坊主頭の教科書さん」は、フサフサヘアのイケメンと、オシャレ度でバチバチのバトルを繰り広げています。

坊主頭の教科書さんと初心者坊主頭との分岐点

展示会では「坊主頭の教科書さん」と「坊主頭初心者」との大きな違いを見ることもできます。

その違いは、ジャケットの下に着るシャツでわかります。

「坊主頭の教科書さん」は、襟のあるシャツも着こなした上で、それ以外のバリエーションが豊富なことです。

Tシャツより若干首の広いタイプ(Uネック)も着こなせる点。

画像出典:https://lookastic.com/

このブログでも坊主頭にしたばかりで自信が無い時期や、細い首が坊主頭を貧弱に見せてしまいがちな点を考慮してストールまくなどして対策を推奨していますが、ある時「Uネックで首(少し胸元)を敢えて見せる」シャツとジャケットの着こなしが、坊主頭に意外とマッチすることに気が付き、実践できる時期がきます。

私は、少し、広い首の丸首のTシャツ(Uネック)を着て(ジャケット等を羽織った時に)イケテルって自分で思えた瞬間「ファッションの進化」と「自他ともに坊主頭に違和感がなくなった」が、分岐点と考えています。

私の場合でいうとこの分岐点にいたるまで、3年弱かかったということになります。

▼海外ドラマからイケテル坊主を学べるよ

坊主頭の教科書さんは、マッチョではなく、細マッチョでスタイルがいい

カッコいいなと思う「坊主頭の教科書さん」は皆さんスタイルがいい!
坊主頭はファッションでもっと輝けるという公式を知っているからでしょう。

その結果、体にフィットしたジャケットスタイル+細見のパンツがとても良く似合ってます。

あいつは坊主頭だ!は、遠くからでもわかります。

そいつに、近づいていいものか?は、ファッションを含め全体の雰囲気をみて判断します。

スタイル・雰囲気が先に目に入ってきて、その次に「顔」の順番だとすると、雰囲気を司る全体像が「太っている」よりは「無駄な贅肉がない」方が坊主頭にとっては気を遣いたいところです。

理想はジムで筋トレなどして体を鍛えることで「服を脱いでもカッコイイ」となったら、さらに自信がついて、ますますカッコよくなれますしね!(ファッションの幅も拡がる)

基本中の基本「坊主頭の教科書さん」は姿勢がいい

スポンサーリンク

「坊主頭の教科書さん」は笑顔が素敵!

仕事上の展示会なので、お客さんには「いい顔を」するのは当然ですが、展示会で輝く「坊主頭の教科書さん」は、顔がイケメンと言う意味ではなく「笑顔」の大切さを教えてくれます。

坊主頭になったら特に笑顔を意識した方がいい!

私は、坊主頭にして間もない頃、坊主頭に自信がなくなったことがあります。

気が付くと人と目を合わせなくなったり、笑顔が極端に少なくなりました。

そうして、さらに自信を失っていく悪循環を繰り返してきました。

自ら「セルフイメージを下げていた」原因は「笑顔」がなくなったことです。これでは、イケないと思い、無理にでも笑う・楽しいことを考えることを意識しました。

坊主です
坊主です

「笑顔」と一口に申しましても練習しないとうまく笑えません。

私も、おかしくもないのに笑えるか?と思ったのですが、作り笑いとは言え効果は絶大です。笑顔になりながら悩むのは難しいようです。

普段から作り笑いを練習をしてこそ、最高の笑顔がつくれるようになるので、あなたも笑顔の練習を毎日するようにしましょうね。

▼笑顔について詳しく

タイトルとURLをコピーしました