スポンサーリンク

坊主になって初めてのバリカンは必ず怖くてビビるからこれを見て落ち着け

断言します!坊主頭になってすぐ必要になるのがバリカンです。

なぜ必要かって?カッコイイ坊主スタイルをキープするなら一週間も放置したらハッキリいってダサい!でもね・・・

「バリカン買ったけど、最初こえー!」

って必ずなります。

まぁ落ち着いてください。

バリカンなんて使ったこともない「未知の電化製品」だから買ったものの、ものすごく怖いんです。失敗したらどうしようって、めちゃくちゃ警戒します。

でも、今では「俺の相棒」なんて呼んだりして「次は、このバリカンが欲しいな~」なんて考えてしまうほど「坊主スタイル」のマストアイテムなのです。

今回は、坊主頭になったばかりのあなたに、最初からビビらずにバリカンに慣れ親しむ方法をお話します。

薄毛・ハゲに悩むあたなは「地獄のマシンだ~」って震えちゃうんじゃないですか?

バリカンの仕組みを知れば怖くない

バリカンなんて使ったこともない「未知の電化製品」だかたものすごく怖いんですよね。

例えば、こんな想像しちゃいますよね。

バリカンが信用できない

「刃が当たって血が出るんじゃない?」

  • 刃が当たって耳が切れるんじゃないか?
  • 失敗してスキンヘッドになっちゃうんじゃないか?
  • 使用中に止まっちゃうんじゃないか?
バリカンなんて未知の道具、最初は信用できません

「もし、坊主頭のてっぺんをケガしたらどうすんだ!」

刃物だから、もしかしたら流血?なんて思いますよね。

でも、バリカンが髪をカットする仕組みがわかれば「血がでない」ことは理解できますので、必要以上に怖がることはありません。

先ずは、私の愛機「TESCOM スキカット TC396-W」の替刃の画像とバリカンの刃を動きを表したイラストを見てください。

各メーカーによって替刃の形状が違いますが、毛を刈る仕組みは同じですので、ケガすることなく刈れる仕組みを知るには参考になると思います。

実際のバリカンの刃のパーツ画像

TESCOM 電動バリカン用替刃 グレー BTC30-H

  • 刃は上下2段になっている
  • 下の刃は上の刃に比べて長い
  • 頭皮に触るとしたら下の刃
  • 下の刃の先端は丸く滑らかなので頭皮や耳等を傷つけない

さすがに2年も使っているので切れ味が少し悪くなったかな?と思いますが、バッテリーも元気ですので本体を買い替えるのではなく替刃だけを買い替える方法もあります。このバリカンの「刃のパーツ」を本体にパコッってはめて使います。

その方が、少し割安なので新しい機種も気なるところですが、迷うところです。

▼最初のバリカン選びの参考にしてね

坊主スタイルにしたら必ず欲しくなるのは相棒です。あなたに必要な相棒はこの場合、友達や、恋人ではありませんよ、相棒とはもちろんバリカンの事...

▼2年間使ってまだまだ元気な愛機

▼愛機の替刃

バリカンの刃をイラストにして詳しく解説

バリカンの刃の仕組みをイラストにしてみました。ほとんどの場合アタッチメントを使う想定で話をしますが、丸刈りの坊主スタイルに慣れてくると、1mmとか0.5mmに興味を持つ時期がくる時があります。

その時に初めて、直刃だと何ミリなのかな?と考えるのですが、薄毛・ハゲから坊主スタイルになろうとする時(つまり初心者)は「坊主頭=絶望」と考えているせいか、極力長い坊主頭になろうと計画を立てるので、アタッチメントを付けてメンテナンスする人がほとんどだと考えるとバリカンの刃が頭皮に触れることはまずないです。

結論を言えば「頭皮をケガして血が出る」ことなんかありません。

アタッチメントを付けない場合、頭皮が触るとしたら下の刃です。

下の刃は、上の刃より長く先端が丸くなっているので頭皮や耳を傷つけることはありません。

特に下の刃は触ってみても滑らかで指がひっかかる事はありません。

実際に高速に動いているのは上の刃です。

上の刃を触ってみると、鋭さは下の刃に比べて感じられますが、触っただけで指が切れるようなことはありません。

結論を言えば「頭皮をケガして血が出る」ことなんかありません。

それでも、そんな未知の電化製品なんか信じられるかー!

こんな風に心配性の方はこの先もご覧ください。

バリカンの刃を正面から見てみました。

点線は「毛」を表しています。

上の刃と下の刃の溝に毛が入ります。

電源を入れた状態では上の刃が高速に左右にスライドして溝に入った毛を刈ります。

バリカンの刃を正面から見た様子(先端部分)

  • 上の刃と下の刃が2枚重なっています
  • 下の刃と上の刃は細かな山型になっています(WWWWW←こんな形)
  • 上の刃だけが左右にスライドします

下のイラストのように、電源を入れた状態でバリカンを走らせるとまだ刈っていない毛が溝に入り上の刃がスライドして毛を刈る。

それを繰り返すことでバリカンが通ったところだけ刈られる仕組みです。

バリカンの上の刃が髪を刈る様子

バリカンが通った場所をもう一度通った時に「ジョリジョリ」と聞こえるのは、一度目の通過の時に捉える事の出来なかった刈り残しを「刃の溝」に入れる事に成功し、上の刃がスライドして毛を刈ることが完了したからです。

バリカンの上の刃が髪を刈る様子

アタッチメントを装着して使った場合、上の刃も下の刃も頭皮には当たっていませんのでケガをしない構造になっております。

アタッチメントをはずしたら「血でます?」

上のイラストだとアタッチメントを外して使っている様子となります。

アタッチメントを外してバリカンを使う状況があるとすれば、坊主スタイルに慣れて1mm以下でカットしている人や、逆にハゲの面積が大きくて頭皮と毛がある部分の段差を極力少なくしたい方、耳周り・襟足を刈るときにアタッチメントを外す時があります。

▼アタッチメント外して使う状況

  • 1mm以下にカットしたい時
  • 耳周り・襟足をカットする時
  • バリカンのお手入れ・掃除の時

仮にアタッチメントを外して使ったとしても、頭皮に触れる下の刃は先端も全体も丸く滑らかに処理されているので、頭皮を傷つけません。(血でません。)

私のバリカン「スキカット」は、アタッチメントを外して使うと1mmでカットできると取説にも書いてあり、私も一時期1mm(今は3mm)でカットしていた頃はアタッチメントを外して使っていたので間違いありません。

バリカンの刃の動きを真上から見た様子

  • 下の刃は動かないで固定
  • 上の刃だけが高速に左右にスライド
  • 上の刃と下の刃の溝に髪の毛が入り上の刃がスライドしてカット

坊主の長さについて知りたいのですね。坊主の長さを決める目安があるので、今日はあなたに最適な坊主の長さを見つける目安について話してみよ...

なぜTC396がアタッチメント無しで1mmかを解説

 TS-396は現在使用中の私のバリカンですが、どのメーカーのバリカンにもアタッチメントがあって、好きな髪の長さで刈れるように調整できます。

しかし、薄毛・ハゲからの丸刈りの坊主スタイルの人にとって、アタッチメントは最長でも「12mm」位まであれば問題なく、フサフサヘア用のアタッチメントは、バリカンに装着することすらないでしょう。

話は少し脱線して

坊主スタイルの人なら誰もが知ってる有名なパナソニックの「ボウズカッター」がなぜ「ボウズカッター」なのかご存じですか?

ボウズカッターには、2つのアタッチメントが附属されていて、最長のアタッチメントを装着しても10mm。

つまり、フサフサヘアー兼用で作っておらす、バリカンを使う環境はお風呂場を想定して、防水設計となり、10mmまでのアタッチメントに限定した、丸刈りの坊主スタイルの人向けに本気で作ったモデルということになります。

▼10mmのアタッチメントまで「坊主専用機」

本題に戻してなぜ1mmか?

下のイラストを見ると、私のバリカンTC-396のアタッチメントを外した場合の刈高が1mmに仕上がるのかということが良くわかります。

下の刃の高さ(厚み)が1mmなので、頭皮から1mm残して、上の刃が頭皮から1mm以上伸びた髪を捉えてカットするので、最後に頭皮に残る髪は1mmとなります。

1mmの丸刈りの完成!

アタッチメントを外したらなぜ1mmか?

  • アタッチメントを外すと刃の高さ(厚み)が「アタッチメントの代わり」
  • 下刃の高さ(厚み)が1mm
  • 頭皮から1mm残して刈ることができる
  • アタッチメントを外して刈れば1mmの丸刈りが完成

機種によっては、直刃なら0.5mmで刈れるものがあります。

アタッチメントを外して直刃で0.5mmなら、刃の厚み分が、頭皮から0.5mm離れているということです。

つまり、刈り終えた後に、0.5mmの長さが頭皮に残ることを意味し、長さ0.5mmの丸刈りの坊主スタイルが完成します。(何だか当たり前ですが仕組みの話です)

*各メーカーの購入者のレビューを見ると「アタッチメントの数値よりも短い気がする」とがありますが「頭の形・頭と刃の角度・力の入れ具合・気のせい等」の微妙な差によって、きっちり数値通りではない場合もあると思います。(たぶんフサフサヘアーの人の感想だと思います)

丸刈りの坊主スタイルを続けていく人にとっては0.5mmとか1mmの差は2,3日でどうにかなる(すぐ伸びる)からさほど心配いらないと思っています。

刃の厚み=刃から頭皮までの距離=頭皮に残る髪に長さ
▼アタッチメントを外して、直刃0.5mm刈りのバリカン
▼直刃0.5mm刈りのバリカン【スキンヘッド用アタッチメントなし・ポーチなし】(実は次に欲しいバリカン)
▼アタッチメントを外して、直刃1mm刈りのバリカン

アタッチメントさえ付けていれば血も出ないしスキンヘッドにもならない

バリカンの刃が直接、肌や、頭皮に触っても「刃」自体が滑らかに加工されているので安全です。(もちろん突き刺せば血はでます。)

アタッチメントさえ付けていれば、スキンヘッドになってしまうことは絶対にありません。(フィリップス のバリカン QC5582/15には、スキンヘッド用のアタッチメントがあるので、これを付ければスキンヘッド確定ですけど。

▼スキンヘッド用のアタッチメントが附属!

刃の厚みとアタッチメントの厚みがあるので、どんなに失敗してもスキンヘッドにならないので必要以上に恐れることはありません。

刃の厚み+アタッチメント=スキンヘッドにならない

まとめ

坊主スタイルにして、必ず購入するものはバリカンです。最初は自らバリカンで頭を刈るという行為にかなり抵抗あると思います。

髪があった頃は、プロに任せていたので自分で髪を切るなんて未知の作業です。

▼坊主になってすぐにやらなきゃならない未知の作業

  • バリカンを選ぶ
  • 使い方を知る
  • 実際に刈る

今回は、薄毛・ハゲに悩んで坊主になって、初めて手にするバリカンが最初から「相棒」のように信頼できるように分かりやすく説明したつもりです。

また、この記事でおススメしているバリカンは「坊主スタイルにしたばかり」のあなたにとって、スペックはもとより、価格からみても最初の一台に推薦できる最適のモデルです。

スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ

Translate »