スポンサーリンク

坊主にして憧れのファッションを試してみたら想像以上に良く似合う

坊主になったら、嫌な事ばかり起こると思っていませんか?

私自身も薄毛から坊主になったので、「坊主」のネガティブイメージを自分の為にも変えていきたいですね。

そもそもなぜネガティブか?

坊主の歴史とか?そういう難しいことはさておき、薄毛で悩んでいる(いた)私たちの視点から考えてみました。

坊主スタイルの丸いフォルムが、かろうじて持ちこたえている残った髪が、全て抜け落ちてしまったと考えるだけでも恐ろしい最終形態がまさに「つるっパゲになってしまった」という状況に酷似している点が坊主スタイルを受け入れられない点だと私は思っています。

薄毛に悩む人の優先順位

薄毛・ハゲに悩んでいた当時は、坊主にする選択肢は無かったですね。優先順位は下記の不等号を使って表すことができます。

「発毛の成功」>「薄毛・ハゲを隠そうとする無理のある髪型 (現状維持)」>「坊主」

坊主スタイルはビリです。

坊主スタイルを選択した私も今での不思議に思うのは、坊主よりもハゲを隠そうとする無理ある髪型を優先していたあの数年間とはいったい何だったんだろうと。

今思えば悩みの根源は無理ある薄毛隠しの髪型

薄毛隠しの髪型はとにかく不自由だった。

家にいる時から、仕事中も、休みの時もハゲが隠れているかが気になって鏡や、顔が写る物を見てはしきりに確認する作業は不自由という言葉がピッタリです。

そんな不自由な思いをしてまでも、その変な髪型をキープし続けようと頑張っていたのが不思議でなりません。

ファッション的にはどうだろう?

冷静に考えると、薄毛・ハゲを隠そうとする髪型って、ハゲで悩んでいる人しかしていないんですよね。

ごく一部の人たちだけの髪型です。

どんなファッション雑誌を見てみても、ストリートスナップを見てみてもめったな事が無い限りハゲがバレバレの薄毛隠しの髪型のスナップは見つかりません。

でもスキンヘッドも坊主スタイルのモデルさんやファッションがおしゃれでカッコいい坊主の素人さんは大勢います。

それに気が付かずに何でこんなに我慢していたのか考えました。

薄毛・ハゲを隠す独特の髪型は年齢的にも、おじさんに多いので、こんな公式ができちゃいました。

おじさん+あの髪型=似合うカッコいいファッションあるの?

薄毛・ハゲに悩むなら、育毛をして生えるまで我慢する。そして生えたら好きな髪型にすればいいじゃないか!という固定概念が私達をがんじがらめにしてきたと思っています。

一度しかない人生もっと楽しもうよ

もともと、ハゲが気になって悩んでいる人は誰よりもオシャレや自分自身の美意識に関心が高い人なんです。

理想と現実の狭間に悩み苦しんでいる最中にこのブログにたどりついたあなたに伝えたい。

「一度しかない人生もっと楽しもうよ」って。

あんなに恐れていた坊主にしたら、ファッションなんて楽しめないと思っていたら、実はそんな事なかったんですよ。

なんと坊主にしないでハゲを隠していたよりも断然ファッションの幅が広がった事に驚きました。

信じられますか?坊主は革のライダースジャケットが似合うよ

自分でも信じられません!まさか革のライダースジャケットが似合うとは!そして買っちゃいました。

明らかにファッションの幅が広がったことに驚きです。短く刈り込んだ坊主には色んなタイプの革ジャンがなんでも似合います。

例えばこんなカッコいいライダースジャケットが、ハゲから坊主スタイルにしたのに、似合っちゃうから本当にオススメです。

古着屋さんなら手頃な価格で手に入るので一度見に行ってはいかがでしょうか?

ライダースジャケットLewis Leathers(ルイス・レザー)

坊主(ハゲから坊主でも)はワイルドなファッションに適している髪型だとは、坊主になる前は想像がつきませんでした。もちろんハゲを隠していた時の特殊な髪型の頃なんてライダースジャケットに袖を通す気にもなれません。

最初から除外です。絶対に似合わないとわかっているからです。

それどころか、オシャレなお店に入店する勇気すらありませんでした。

それなのに、薄毛・ハゲで悩んでいたころに何故そこまで坊主を忌み嫌っていたのか不思議でなりません。

坊主にしたら逆にクローゼットの中の服が似合わなくなる

スーツは坊主でも似合うので安心してください。できたら細見のスーツの方が似合います。

休日の装いの方ですが、洋服は自然に今までの髪型をあうような物を選んできたので、何となくクローゼットの服が坊主に似合わない気がして、坊主にした事がいけなかったのか?と一瞬、後悔の念がよぎるのですが、それは違います。

今までの消極的な洋服選びが、坊主スタイルのポテンシャルにハゲ・薄毛に合わせて買った洋服がついていけなくなったからです。

これほどまで、自由な髪型があったなんて

薄毛・ハゲで悩んでいる方のクローゼットの中の洋服って、ボタン、チャック等の前開きの洋服が多くないですか?

被るタイプのセーターや、パーカー、Tシャツよりもボタンが外れて首回りが広くて脱ぎやすいポロシャツの方が好きではありませんか?

セットした髪型が乱れない様に自ずと洋服も偏った選択になってしまいます。

それに「年相応+髪型を優先した無難なセレクト」になってしまっていることでしょう。

セットする前に被るタイプを着てしまえば良いのですが、もう脱ぐことや着替えることが髪の乱れを理由にできない事もあったはずです。

髪型が、行動や思考、ファッションまでも様々な制約を受け、それに従って自らの首を絞めていたなんて、今までなんて不自由な思いをしてきたのでしょうか。

roberto collina【ロベルトコリーナ】 リブクルーネックニット RM02101

坊主スタイルにしたら丸首のシンプルなセーターとか何か知らないけど良く似合います。首のむき出し感なのでしょうか、男らしい感じがでます。

とにかく今まで着なかった服に挑戦できるし、坊主スタイルにシンプルかつ女の子に好感をもたれそうな、その手のファッションが良く似合うという副産物までついて坊主スタイルの自由度の高さに本当に驚いています。

まとめ

坊主にして数か月が経ちました。薄毛・ハゲで悩んでいた頃はファッションを気に掛ける余裕が無かっただけだと思っていました。

しかし本当は、薄毛・ハゲに合うファッションが無かっただけだったのです。坊主にしたら、いろいろなファッションに挑戦できることがわかりました。

坊主にしたら終わりではなく、それは始まりでした。

ファッションを楽しめるのは何も、フサフサヘアの人達の特権ではありません。今まで挑戦することを躊躇していた憧れのファッションに是非トライしてみてく

ださい。

坊主になると、薄毛で悩んでいた事のストレスが嘘のように軽減されます。 坊主スタイルという髪型を選択すると、思いもよらない事にいろい...
スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ

Translate »