スポンサーリンク

坊主なったら「はい終了」じゃないぞ!その後のワクワクにマジで驚く

davidlee770924 / Pixabay

坊主になると、薄毛で悩んでいた事のストレスが嘘のように軽減されます。

坊主スタイルという髪型を選択すると、思いもよらない事にいろいろ気が付きます。

私が、一足先にあなたの代わりに体験しておりますので、情報をシェアさせていただきます。

自宅編

抜け毛がどかに行ってしまいます

あれほど気になっていた抜け毛。

寝室、脱衣所の床、階段、廊下にと、あれほど落ちていた自分の抜け毛がどこにも見当たらなくなります。

もちろん人間ですから、自然に毛は抜けているはずなのですが、あまりにも短いので落ちてる毛を見つけることはできません。

同居している私よりも長い髪の家族の抜け毛の方が逆に気になる程です。

風呂の排水溝に溜まらない抜け毛も、湯船に落ちる毛も坊主スタイルにした私は、家族に迷惑をかける事がなくなりました。

何だか自分が清潔になったようで嬉しいです。

全てにおいて”支度”の時間が激減します

髪を乾かす時間0分、髪型をセットする時間0分、寝癖の心配無し。

整髪料は使用しない。シャンプー・リンスの消費量が激減します。

美容室とかもう忘れました。

薄毛・ハゲで悩んでいた頃に費やしていた支度にかける時間は膨大でした。

薄毛・ハゲの「時間のロス問題」を検証。坊主にする前は1日149分も損していた!
薄毛で悩んでいましたが、坊主にして3か月になろうとしています。夢を見る時の自分はまだ、坊主になる前の髪型で登場しますので、まだ潜在的...

仕事編

集中力が増し仕事がはかどります

薄毛・ハゲで悩んでいた頃は、髪が乱れてないか?同僚がハゲを見てないか?を考えるとソワソワして集中が切れる時が何度もありました。

坊主スタイルにしたら、それがほぼ無くなります。

意外にスーツも似合います

今風の細身のスーツと坊主スタイルの相性はいいです。勝手に歌舞伎役者の海老蔵さんだと思って堂々としていれば良いです。

清潔感はかえって増した

ハゲを隠すための髪型はかなり無理があるので、それに違和感を感じる人は多いと思います。

フケも髪に堆積しないし、白髪染めも必要ありません。

年をとると白髪も多くなり、髪の毛自体のツヤだとかハリが無くなりますので、髪があるからと言ってそれがベストとは限りません。

坊主スタイルに必要な整髪料はありませんから、整髪料の香りやベタつきの無い髪の坊主スタイルの方が清潔感は増します。

同僚編

同僚の噂話の心配がなくなった

同僚と飲みに行ったりして、トイレに行く時に自分の頭の話がされているのではないかと気になったりしていたが、一切なくなった。

女子からの”ハゲ”等の会話が耳に入っても動じなくなった

どこからともなく聞こえてくる”ハゲ”的な単語が耳に入っても自分の事だと思わなくなり気にもならなくなった。

逆にハゲてる仲間を裏切った感じがして気まずい

一足先に、坊主スタイルにしてしまって悩みを捨て去る事ができたが、私よりハゲが進行している同僚や、取引先のお客さんに会うのにもの凄く気が引けた。

休日編

今まで着ていた服に違和感

ハゲ・薄毛の時に着ていた服が休日の装いにしては地味なものが多かったのは、その時の髪型(ハゲを隠す髪型)に合わせた洋服だった為だからであろう。

坊主になった今、新たに洋服のチョイスを考えなければならない。

坊主スタイルはきっとオシャレな側面もあるはず

坊主スタイルは子供から大人までしている人がいる髪型だから、少しの工夫で今風を取り入れる事も出来るハズ。

これには、いろんな服を着てみたり、小物を取り入れる等して、ファッションの勉強が必要なのでこれからの課題だと思う。

坊主スタイルに合いそうな新しい服や靴が欲しくなったり、薄毛の頃に躊躇していたスポーツや、趣味等を探したりと行動範囲の拡大や好奇心も旺盛になっている。

坊主して3か月経ってわかった最もファッショナブルな長さを教えます
薄毛から坊主になって3か月たちました。 このブログを始めた頃に坊主の長さについて書いた記事があります。その時は薄毛から坊主にな...

メガネ、帽子、坊主スタイルに似合うものがあるはず

坊主スタイルに合うメガネをいろいろ考えている最中です。

普段からメガネをかけていて、メガネは好きで数個もっているものの坊主にする前の髪型に合わせて購入していたので、若干の違和感を感じている。

特に好きで黒のセルフレームをかけているが、なんか野暮ったく見える気がするので違うメガネの購入を検討しています。

果たしてどんなメガネが似合うのか?そういう事を考える事も楽しみの一つになっています。

ハゲを隠していた髪型に合わせて購入している物は、坊主スタイルに合わない感じがする。

坊主スタイルにしたら今までのタブーがなくなる

ハゲを隠していたころ、帽子を被ったら帰宅するまで、人前じゃ脱げなかったですよね。

サングラスとかかけようと思いました?

坊主スタイルにしたら帽子を脱いだ時やサングラスを外した時のギャップが怖くなくなります。

室内に入ったら帽子を脱ぎ、サングラスを外し、目上の人とあいさつする時も帽子を取る。

食事をする時も、神社にお参りに行くときの基本は脱帽です。

薄毛・ハゲ時代には躊躇してしまいそうな、そんな当たり前の事ができる日本人になれます。

番外編

RyanMcGuire / Pixabay

鏡を本当に見なくなるので注意が必要

薄毛・ハゲで悩んでいた頃は、本当に良く見ていた鏡でしたが、坊主スタイルにすると本当に鏡を見なくなります。

見ても全く変わらないので見る必要がないのです。

しかし、あまりにも鏡を見ないので、ゴミが頭についていたり、顔に鼻くそがついていたりしても、気が付かずに長時間恥ずかしい状態で過ごしてしまうことがあるので注意が必要。

夏は頭がめっちゃ熱くなる

紫外線対策、熱中症対策これは絶対に必要。

真夏だけでなく、外出時は日焼け止めも、帽子も絶対忘れないようにしましょう。

蒸れたりはしないので、不快な熱さではありません。

冬は頭のてっぺんよりも首から後頭部にかけてが寒い(私は)

7月に坊主スタイルにしたので、今年最初の冬を迎える訳ですが、私の場合は、耳から後頭部の方が寒さを感じます。

やはり、髪の毛には防寒作用があるのだと感じました。

冬の屋外のレジャーはニットキャップ等の寒さ対策は必要です。

どんなニットキャップを買おうかな?と考えると坊主スタイルにして最初の今年の冬はなんか楽しく感じます。

良くも悪くもレアな存在

きっかけはハゲてしまったから坊主スタイルになった訳だけど、これだけ薄毛・ハゲに悩む人が大勢いるのに坊主スタイルにしている人は少ない。

ハゲてしまっての大人の坊主スタイルはまだまだレアな存在。

坊主スタイルに賛否両論あるけれど、これはこれで、個性的なのかなと思う今日この頃です。

スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ