スポンサーリンク

ハゲから坊主にしたら最初は誰もが敗北感でも数ヶ月で立ち直るから元気を出せ

いわゆる坊主頭を「坊主スタイル」とよくこのブログでは表記していますが、巷では「坊主」「坊主頭」「ハゲボウズ」「丸刈り」「ハゲ」等々呼び方がありますよね。

坊主です
坊主スタイルのことを「ハゲ」と称されるのは何だか悲しいです。

この場合、一番言われたくないのは「ハゲ」ですが、フサフサヘアの人が坊主にしていても悪口の時は「あのハゲ」なんて言われたりします。

確かに、薄毛・ハゲの悩みから坊主スタイルにしたので、ハゲで「当たり」なのですが、もう少し柔らかな表現が欲しいものです。

その点「坊主スタイル」という呼び名は、毛が抜けてしまった事がきっかけだとしても「坊主と言う髪型を自ら選択したけど、今はまぁまぁ満足」という感じが気に入っています。

ハゲに悩んだ挙句に坊主して間もないあなたが「坊主頭」で過ごすことに最初は違和感を覚えますが、だんだん慣れていくものです。

口で言うのは簡単ですが、あなたにとって、その「だんだん」が長く感じないように「対処法」をハゲから坊主頭にした経験からお話ししています。

特に会社・仕事での「坊主頭」に対するイメージは悪いと鵜呑みにして良いのか?

一般的に、大人の男性の「坊主頭」に対して良いイメージを持っていないと言われています。サラリーマンでは出世に影響するかの如く語られており、今でも坊主頭のサラリーマンは少数派です。

現代を持ってしても未だに禁断のヘアスタイルなのでしょうか?

社会人の坊主=はみ出し者(みんなと違う)
坊主です
↑これ鵜呑みにしていいの?

社会人の坊主=はみ出し者(みんなと違う)の概念が何だかものすごく浸透していると思い込み過ぎていませんか?

心配くん
そうなんです、サラリーマンの坊主はタブーとか聞いちゃうと無理です

漠然とした「坊主はタブー」によって、髪型としての「坊主」を遠ざけていた人がとても多くいたことでしょう。私もそうでした。

薄毛・ハゲに悩んで、今まで諦めていたモノ・コトを犠牲にしてまで「皆が非常識と思うから坊主頭にできない」と自分の幸せよりも、他人の意見を尊重してしまう為に、多くの人が困っています。

そんな噂を鵜呑みにする前にこの雰囲気を作っているのは誰か?

坊主頭にして2年も経つと、すっかりこのスタイルに慣れてきます。そしてさほど、世間の風当りについても思ったほど、強くないことに気が付きます。

私が坊主頭にした頃は、薄毛・ハゲに悩んで仕方なく坊主頭にしたので「風が吹いても・雨が降っても平気」とか「時短」等のメリットを十分に感じながらも「みんながハゲから坊主頭はカッコ悪い」と思ってるんじゃないかな?」と勝手に自信を無くしていたのです。

実は自分で勝手に落ち込んでないか?

確かに「髪」は無いよりあった方がいい。

ハゲているよりハゲてない方がいい。

坊主であっても、ハゲてない坊主の方がいい。

しかし、俺はハゲだ。

その希望の「髪」をバリカンで刈ってしまった今、残ったのは「敗北感」しかありません。

坊主です
ハゲに悩んで仕方なく坊主頭になった坊主経験者の誰もがこの敗北感からスタートするのです
心配くん
上の金髪の人誰ッ?新キャラ?・・・何か似てません?同じプラカードだし

これ全部、最初だけだから!

  • 自分で勝手に似合わないと思っている
  • 誰もがあなたを見ている気がする
  • ハゲが丸見えで恥ずかしい
  • 何だかおじいちゃんに見える

数か月も過ごしていれば、誰でも慣れるし、周りも慣れる、ちょっとヒドイ言い方だけど、あなたや、私の坊主頭の事なんかに、会社の同僚も上司も部下も社内の女性も、いつまでもかまっている暇なんて他の人にはないってことに気がついたんですよ。

みんなも前に進んでいるんだから、あなたも前に進みましょうね!

前に進むために!

▼清潔感を出す(バリカンで小まめに手入れ)

坊主にしてる私がそっと教える「失敗しない最初のバリカン選び」の話
坊主スタイルにしたら必ず欲しくなるのは相棒です。あなたに必要な相棒はこの場合、友達や、恋人ではありませんよ、相棒とはもちろんバリカンの事...

▼ファッションに敏感になりオシャレに挑戦

薄毛から坊主スタイルの学ぶべきファッションは海外にあります
坊主にしたら人生終わりと思って、坊主スタイルを頑なに拒否し続けたのに、ところがドッコイ、坊主にしたら「もっと生きたい!」「もっと人生...

▼弱々しく見えないようにトレーニング

なぜ?あなたの坊主スタイルがかっこ悪いのかを1つだけ教えます
坊主スタイルがしっくりこないとお嘆きのあなたに、毎日カッコイイ坊主スタイルとは何なのかを考えている私があなたの坊主スタイルが何故、し...
坊主です
↑たった3つでも、違ってくるから試しにやってみてね

坊主スタイルにして2年で感じた5段階の心の変化

  1. 坊主頭になる前は落ち込みます(敗北感)
  2. 坊主になった直後は吹っ切れます(リセット)
  3. 坊主になって社会生活がはじまると少し戸惑います(違和感)
  4. 坊主になって数か月から一年が経つとメリットを味わえます(前ほど気にならない)
  5. 坊主になって2年も経つと「坊主スタイル」が板についてきます(もう迷わない)

私の場合ですが、こんな感じで気持ちが変わっていきました。ハゲから坊主にしたのなら大体同じ経過を歩んでいくと思います。

その間に、女性に褒められたり・何だか坊主が似合っちゃりして良いことがあれば「違和感」の時期を早く脱することができるかもしれません。

勝手に落ち込まない為に坊主初心者の質問コーナー

心配くん
坊主にしたら会社で怒られましたか?
坊主です
まず、年齢・坊主にした理由・人柄によっても違うから一括りにしてはダメ
心配くん
私は、42歳、理由はハゲを隠すのに限界、人柄は温厚
坊主です
その位の年齢とハゲが理由なら「なるほどね」ですみます。心配するほどあなたに興味もないから、坊主にしても部下はあなたを笑ったりしませんよ(上司を笑う方がマナー違反でしょ)
キャサリン
次の方、キャモーン
イケイケ君
オレ、24歳フサフサです。衝動的に坊主にしたいっス、上司は怖いです
坊主です
この質問のケース、テストにでるくらい大事です!

若いイケイケ君のようにフサフサヘアなのに突然坊主になるパターンの方が「サラリーマンの坊主はタブー」の公式に近いので注意が必要!

イケイケ君はこれを読むように!

世間の目は同じ坊主頭でも「許せる坊主」と「許せない坊主」に無意識に分類している
あなたは「坊主スタイル」にしてどのくらいになりますか? 今回、何が解決できるか結論から言うと「坊主スタイルの誤解を解く...
イケイケ君
マジすかーやっぱ、やめようかなー
キャサリン
ユー、ブサメンなら、ヤメトキナ!イケメンならカロウジテユルス

▼イケメン以外はヨンドケ!byキャサリン

衝動的に坊主は危険!特にブサメンは髪があるなら早まるな!
アラフォーサラリーマンの坊主スタイルに関する専門ブログにようこそ! 坊主スタイルになる人の理由はそれぞれですよね。 です...

まとめ

誰もが「髪」があるにもかかわらず、好きな髪型を楽しめる特権を放棄してまで「坊主」になんか、なりたくないと基本的に思っています。

しかし、質問者の「イケイケ君」のように衝動的に坊主スタイルになることで「何で」「わざわざ」「人と違ったことをしたがる」「和を乱しそう」「扱い難そう」と周囲の人達が疑問や感情を持ちます。

その疑問や感情が坊主スタイルにした本人に向けられた時に、世間の風当たりを強く感じた人や、上司に直接注意されたりする姿を傍で見てきた人が(ここからは、ハゲに悩んで坊主にした経験を踏まえての持論です。)

A子
○○課の2年目の○○さん、急に坊主にしてきて、上司になんか言われてたわよ
B子
まじでーウケるー

なんて、給湯室の会話が一人歩きして「サラリーマンの坊主はタブー」の都市伝説が流布されたと推測します。

原型は「フサフサヘアで髪の悩みがない、若いサラリーマン何の前触れもなく突然坊主頭になってみんなを驚かせるのはタブー(やめた方がよい)」であり。

赤字の部分が省略されて「サラリーマン坊主タブー」が、サラリーマン全てに適用される「都市伝説」として生き続けているのではと持論を展開させていただきました。

ですので、ハゲに悩んだアラフォーが坊主スタイルになったところで、誰も驚かないのです。

ハゲを隠していた頃に、誰もあなたに髪の話題をしてこなかったように、坊主スタイルになっても「ハゲはハゲ」なので、髪の話題も坊主の話題もしてこないわけです。

そこを「みんな私を無視している」「変な雰囲気」「坊主が変だからか?」とか勝手に落ち込んで、自分から変な雰囲気を作っていたんですよ。

坊主です
早く目を覚ましましょう!
心配くん
全ての坊主頭が「サラリーマンの坊主はタブー」に適用しないってことが少し分かりました

キャサリンの言うように、坊主スタイルにして2年が経ちますが、アラフォーサラリーマンでハゲに悩んだあなたが、突然坊主になっても、過剰な反応はないと思っていいです。

もう、バレバレでしたよ・・・ハゲを隠していたことも、いつも髪を触ってしまうことだって、風や雨が苦手なことだって。

だから、もう前に進むしかないんです。

AGAの治療でも、坊主にするのもOK!カツラも植毛もOK!

他人を目を気にするあまり、ただ悩んでいるだけで動けないことだけはやめましょうね。

スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ