【英語学習】What is this?を使えても「あれらは何?」を英語で言える?

ワンランク上の坊主
nastya_gepp / Pixabay

今日は、ネイティブキャンプのレッスンで2回目にならった「文法の入門編の②」テキストを使ってレッスンのおさらいをします。

このテキストは英会話に全く自信のない方や、今まで英語で会話をした事がない人向けの教材なので、改めて基本単語や基本的な文法を身に付けたい方へオススメ。

中学レベルの英語なんて「簡単だよ!」って思っているあなた!

外国人を目の前にすると、単語も文法も出てこないからね!本当にしっかり英文法を身に着ける為の復習ですからガマンして一緒に勉強しましょうね!

【この記事はこんなあなたにオススメ】

●こっそり英文法を復習したい
●もう一度 What の使い方の基礎を思い出したい
●単数形・複数形を思い出したい
スポンサーリンク

【英語学習】What is this?を使えても「あれらは何?」を英語で言える?

このレッスンのゴールは What等を使って 「ある物が何であるか聞けるようになる」です。

サラ先生
サラ先生

Today’s GOAL
To be able to ask what things are.
ある物が何であるか聞けるようになる

基本的にネイティブキャンプのレッスンでは講師が先に言ったフレーズを2回繰り返して、発音等を確認する反復練習がこの文法のレッスンの流れです。

実際のレッスンの流れ

  1. 新しい単語・フレーズを講師に後について2回言う
  2. 新しい単語・フレーズが入ったフレーズをお互いに会話形式に話す
  3. その会話から、講師が何が書いてあったかを3つ質問します
  4. 学校のテストのように穴埋め問題のようなエクササイズ
  5. 実際に自分の事を今回のレッスンで習ったフレーズを使ったフリートーク
  6. レッスンでの発音の間違えや、講師が気になった点をレビュー

つまりこれから始まるのが「1.の Today’s Phrase 」になります。

①What is this?
これは何ですか?
It’s a flower.
それはお花です。
It’s it is の短縮系。これはOKでしょ。
②What are those?
あれらは何ですか?
Those are pens.
あれらはペンです。
those は that の複数形ですけと、これをサラッと使い分けることができる人って少ないのではないでしょうか?
TheseThis の複数形 (これらの)
そして複数形なので、それに続くbe動詞も is ではなくて are となります。
おーこれぞ英文法ですね。

What で会話をしてみよう

サラ先生
サラ先生

Fukazo is pointing at something and asking Bouzudesu some questions in the store.
お店で、坊主ですが何かを指して悩み深蔵に質問をしています。

坊主です
坊主です

What are those?
(あれらは何?)

悩み深蔵
悩み深蔵

 Those are pens.
(あれらはペンです。)

坊主です
坊主です

Are these pens, too?
(これらもペン?)

悩み深蔵
悩み深蔵

No, these are pencils.
(いいえ、これらは鉛筆です。)

こうして字で書くと、単数形と複数形を意識できるんだけど、会話となる疎かになってしまうんだよね。

pens の発音は「ペンズ」じゃなくて「ペンツ」ね。

スポンサーリンク

さらに「What」を使って練習しよう

サラ先生
サラ先生

Look at the following pictures and talk about them.
写真を見て、それらについて話してみましょう。

1.

Teacher : What’s this?(これは何ですか?)

You  :                     . (それは本です。)

2.

You  :                     ?  (これは何ですか?)

Teacher :  It’s a pen.  (それはペンです。)

3.

Teacher :  Is this a sunflower?  (これはひまわりですか?)

You  :                     . (いいえ、違います。)

4.

You :                    ?  (それはひまわりですか?)

Teacher :  Yes, it is. (はい、そうです。)

5.

Teacher :  What are these?  (これらは何ですか?)

You :                     .  (これらは本です。)

6.

You :                    ?  ( あれらは何ですか?)

Teacher : Those are crayons. (あれらはクレヨンです。)

7.
Teacher : What are those? (あれらは何ですか?)

You                      . (あれらは花です。)

1.It’s a book.
2.What is this?
3.No, it isn’t.
4.Is it a sunflower?
5.These are books.
6.What are those?
7.Those are flowers.

7.Those are flowers.

4番の問題は Whatがくるだろうと決めつけると間違えるパターン。

ココはシンプルに Is it a sunflower?なんだよな~
スポンサーリンク

まとめ

英語習得の道は一日にしてならず!

気長に続けていくしかない事に気がつきました。

時に、気分が乗らない日もあるでしょう。

でも、諦めたらそこで終了です。

フィリピン人の講師に「どうやって英語を話せるようになったの?」って聞いたら「書いたり・読んだり・話したり」をたくさんやったと言っていました。

やっぱり、そういう地道な勉強をこれからも続けないとダメか・・・となりましたが、考えてみたら当然ですよね。

まぁ実際に、レッスンの前の簡単なフリートークですら「英文法」が活用できてないんですよね。これはかなりショック!

独学の英語学習でがんばってきましたが「やった気になっていただけ」で記憶が定着していないことが本当に良くわかります。

「オンライン英会話+話す為の地道なトレーニング」を続けてあなたも一緒に喋れるようになりましょうね!

まずは、無料お試し→ → → ネイティブキャンプ