坊主で外国人にモテたいなら英会話で挨拶の後すぐ沈黙は大人としてどうなの?

ワンランク上の坊主
secondfromthesun0 / Pixabay

せっかく「坊主」を外国人からナチュラルに受け入れてもらっているのに、挨拶のあとの沈黙はいただけない。

その沈黙が余計に焦りを生んで簡単な英語のセンテンスも浮かばずに「撃沈」てなことにならないようにしたいものです。

今回はネイティブキャンプで習った文法を復習を兼ねてもう一度学習します。

実際のテキストにある内容を抜粋しての復習です。

あなたも一緒にいかがですか?

ちょくちょく記事の合間ににオンライン英会話「ネイティブキャンプ」での体験談をいれるのでオンライン英会話を探しいるなら参考にしてください。

その前に、記念すべき第一回目のレッスンでは「挨拶」でしたが、これはツマラナイから「挨拶くらいはわかるから」もっと先に行こうと当時は思いました。(しかしとても重要であることがレッスンを繰り替えすうちにわかるのでした)

  • 1回目のレッスンで習うのは「挨拶  Nice to meet you!」
  • 2回目のレッスンで習うのは「コレは何? what is this?」

そして、3回目のレッスンで習うのは「誰ですか? Who is this?」

また中学1年レベルの文法かよ「つまんねーな!」って思ったあなたは、本当に残念です

この記事が役に立つのはこんな人
●英文法なんて必要ないと思っている人
●外国人と話たことがない人
●ネイティブキャンプのレッスンの様子が知りたい人
スポンサーリンク

【坊主が1から学ぶ英文法】英会話で挨拶の後いきなりの沈黙は大人としてどうなの?

想像してみてください。

講師とあなたは、お互いに「ハーイ」とか言ってにこやかに挨拶を交わしまた。
(いい感じです!その調子)

講師から「今日は何があったの?」って聞かれました。

しかし、スラスラと英語になって言葉が口から出てきません。

「ヤバい何かを言わないと」と空回り。

お互い気まずい数秒間が過ぎ「・・・・沈黙・・・・」となってしまいした。

講師が時間切れを宣言するかのように「それではレッスン始めましょう」ってなったらあなたの負けです。

学び始めは、理屈抜きで英文法を信じてやるしかない

オンライン英会話を始めて3ヶ月くらいは、勢いで突っ走ってきましたが、途中にあまりにもフリートークができないのは何故だろう?と思い始めました。

そんな時にレッスン後の講師からのメッセージに「もっと君は文法を学んだ方がいい」って書いてあったんですよ。

実際にレッスンしているからわかる!
●レッスン後にほとんどの講師は授業の感想・メッセージが届きます
●レッスンで使ったチャットBOXの履歴も後から読み返すことができます

最初は英文法を無視していたのですが、オンラインレッスンをただ受けているだけでは「スピーキングは上達しないなマジで・・・」って、思えたのキッカケで文法に力を入れることにしました。

考えてみればですよ!

そもそも英語の勉強法もこのテキストの内容も英語を話すネイティブスピーカーが考えた「英語初心者」が習うべき順番ですよ。

そもそも、英語ど素人のビギナーレベルの私達が「レッスンの内容を疑ったり」・「入門編は簡単すぎてやる意味がない」とか考えること自体無駄な事だと思いませんか?

実際にレッスンしているからわかる!
●レッスンに行き詰ったら月1回無料のカウンセリングをうけることができる。
●英語診断テストや、レベルにあった教材を提案してくれます。
*カウンセラーは日本人

挨拶以外に話がないなんて何て退屈な「坊主」なんだよってなるよね

確かに、オンライン英会話レッスンで何を最初にするかと言うと、間違いなく「挨拶」ですよね。

世界共通で「挨拶」は基本です!

考えたら確かにそう!だから最初に習うんです。

英語初心者用の文法のテキストの2番目・3番目にならう「What」「Who」はなぜ?って
ほら難しく考えない「考えるより感じろ!」ですよ。

例えばレッスンが夜なら挨拶の後の流れは「何食べた?」「誰と食べた?」とか「先週何の映画見た?」「何んていうタイトル?」「誰と見た?」「誰の映画?」って会話が進んでいくので、最低でもこの位は挨拶の後、会話ができるとオンライン英会話の楽しさは倍増します!

実際にレッスンしているからわかる!
●同じ海外ドラマを見ていたらめちゃ盛り上がる!
●サムネの写真よりもカワイイ人もいるが、その逆もある
●カワイイ+趣味が合う=毎日話したくなる!
●がんばると褒めてくれるから素直に嬉しい!
スポンサーリンク

【坊主が1から学ぶ英文法】疑問詞5W+1Hの「Who」

疑問詞5W+1Hは「いつ「When」、どこで「Where」、だれが「Who」、何を「What」、なぜ「Why」どのように「How」の6つですね。

そんでもって、今回は疑問詞の「Who」です。

Who is this? こちらはどなたですか?

このレッスンではWhoを使って「人々が誰であるか聞けるようになる。」をネイティブキャンプの3回目の授業で学びました。

ネイティブキャンプのいいところは、無料にテキストを自由に閲覧できること、わからなかったとこを後で確かめることができます。

さらにいいところは、1回のレッスンで納得できなければ違う講師でも、同じ講師でも何度も同じレッスンを受けられること可能なことです。

それにいちいち、何回目だねなって言われたりしないので、何度も気軽にチャレンジできる点が優れています!

実際にレッスンしているからわかる!
●納得するまで同じテキストのレッスンを何回受けてもOK!
●先生を変えてもOK!
●別に料金とかはなし
サラ先生
サラ先生

覚えておきたい基本的な例文と受け答えね

質問 Who is this? こちらはどなたですか?

答え She is my mother. 彼女は私の母です。

質問 Who is he? 彼は誰ですか?

答え He is Benjamin. 彼はベンジャミンです。

坊主とハゲで「who」を使って会話をしてみよう!

実際に「who」を使って会話をしてみよう!今回の坊主ですと悩み深蔵の会話では「Who + be動詞 + 主語~?(~は誰ですか?)」を用いました。

サラ先生
サラ先生

Short Conversationしてみましょう
坊主ですと悩み深蔵が写真を見て話をしています。

坊主です
坊主です

Hey! What’s that?

ねぇ!何それ?

悩み深蔵
悩み深蔵

It’s my picture.

僕の写真だよ。

坊主です
坊主です

Nice! Who are they?

いいね。この人(元気のない)たち誰?

悩み深蔵
悩み深蔵

They’re my family.
僕の家族です。

坊主です
坊主です

Who is this?
これは誰?

悩み深蔵
悩み深蔵

She is my mother, her name is Olivia.
僕のママ、名前はオリビア。

坊主です
坊主です

(オリビア?って、深蔵はハーフなのか??)
Who is he?
彼は誰?

悩み深蔵
悩み深蔵

That’s my uncle, Benjamin.
それは僕の叔父、ベンジャミンです。

 

実際にレッスンしているからわかる!
●恥ずかしがらずに外国人になったつもりで話す
(笑われたりしません!それが普通)
●役になりきる
●発音・言い回しを講師を見本にしてマネる
サラ先生
サラ先生

下記に他のパターンを表にしましたのでチェックしておいてください。

Whoを使った疑問文
Who + be動詞 + 主語~?(~は誰ですか?)
Who + do/does/did/助動詞 + 主語 + 一般動詞~?(誰に/誰を~ですか?)
Who + 動詞~?(誰が~ですか?)
スポンサーリンク

みんな英語をこっそり勉強してるって聞くとジェラシーでしょ?

「英語を話せます!」って人は、日本にどのくらいいるのでしょうね?

「多分少ないよね!」って思っていませんか?

果たしてそうでしょうか?

ネイティブキャンプやら他のオンライン英会話教室も盛況ですし、レッスンを受けようにも混みあってなかなか講師が空いてない時間もありますから相当の人が英語を学んでいることでしょう。

学生時代の期末試験の当日の朝、友達との会話を思い出してください。

坊主です
坊主です

深蔵くんはテスト勉強した?僕ゲームして寝ちゃった

悩み深蔵
悩み深蔵

俺も全然してない(うそ!バッチリやったけど)

テスト当日の定番の会話ですよね。

実は英語の勉強をバッチリしているのに、陰の努力を微塵も見せない人が大勢いると想像します。

そういう私もネイティブキャンプを始めて、4ヶ月にわたって毎日英会話レッスンをしているなんて誰も気づいていません。

もし隣にいる同僚がいつの間にか英語をモノにして転職して倍の年収を手にしたとしたら・・・何だか悔しくないですか?

めっちゃかわいい外国人の彼女と付き合っていたら・・・・ジェラシーですよね!

そんな私ですら近い将来、英語が話せるようになったら「仕事が」「彼女が」「暮らし」がいい方向に変化するかもしれないなんて夢見れる「英語」ってすごくないですか?

夢を手に入れに行こう!公式サイト >>>ネイティブキャンプ