ネイティブキャンプの英会話レッスン135回で感じたデメリットと危機感とは?

ワンランク上の坊主

オンライン英会話の落とし穴の話です。

とりあえず、今までの独学に比べれば格段に進歩するのは確実です。

しかし、実際に私はオンライン英会話(ネイティブキャンプ)で英語学習をしていますが、手軽であるが故の「落とし穴」もあると思っています。

これからオンライン英会話をしてみたいと思っているあなたに、そんな「落とし穴」についてお話しましょう。

スポンサーリンク

オンライン英会話のレッスンでの注意点も話そう

その前にメリットも紹介しますね。

  • 外国人講師と毎日・無制限でレッスンが受けられます!
  • 外国人講師は幅広い年齢層(ジェネレーションギャップなし)
  • ネイティブスピーカーを含む、様々な国籍の英会話講師から学べる
  • レベルにあった教材を無料で選べる
  • 月々の支払が安い(高いと思わないように上達したい)

ネイティブキャンプ と他のオンライン英会話と比べると「価格と無制限レッスン」という点で優れていますが、オンライン英会話から得られる「外国人講師から生の英語を学べる」メリット自体の差はそれほどないでしょう。

ネイティブキャンプのレッスンでの落とし穴

オンライン英会話の手軽に学習できる仕組みは、基本的に素晴らしいと感じてるので、この先も続けて行きます。

月に使える時間もお金もないごく普通のサラリーマンがオンライン英会話以外で英語が話せるようになる学習法は今の私にはわかりません。

それくらいオンライン英会話自体を気に入っていますが「このままじゃいけない」と懸念している点もあるので参考にしてください。

私のネイティブキャンプでの学習履歴は、3月中旬からスタートして約3か月弱で「トータルレッスン数 : 135 回 トータルレッスン時間 : 56時間 27分」です。

だいぶ、レッスンにも慣れて来た頃で「良い面・悪い面・これからどんな風に英語学習に取り組むか」等々いろいろ見えてくるものもあります。

これからオンライン英会話を始めるあなたも、この「落とし穴」にハマる事なく無事に英語を話せるようにお互いがんばりましょう!

スポンサーリンク

あれ?テキストを読んでるだけか?

ネイティブキャンプでは様々なテキストが用意されていて自分のレベルに応じてテキストを選ぶことができます。

下の画像は、ネイティブキャンプのレッスンで、実際に使っている「基礎から英語を学びたい方のための教材・文法の初級」テキストです。

 

直近のレッスンで「グラマービギナー20」でbe動詞の過去形を学んでいます。

「be動詞の過去形?簡単じゃん!中学校?」とか思っているでしょ?
でも、いざフリートークで話すとなると口から出てこないからね!(信じられないけどマジで)

私の学習スタイルは、納得できるまで先に進まないので人より進みが遅いと思いますが、自分のペースで学習を組み立てる事が可能です。

1回のレッスンで内容が了解できずに同じレッスンを受ける時は講師を変えて受けています。

分からなかった事が、講師を変えてわかることもあるのでそうしています。(同じ講師だとちょっと恥ずかしと言う気持ちもある)

テキストの印象・・・良い点・悪い点

✓見やすいテキスト

✓もう一回英語を学びたい人には分かりやすい内容

✓日本語訳も書いてある

✓テキストの日本語訳が目に入ると「日本語⇔英語と考える癖」が出てしまう

レッスンの最初で気まずいとすぐにレッスンが始まる

講師とオンラインでつながると「ハーイ」とか言って、お互いニコニコしていい感じなんだけど、そこから、最初の挨拶のフリートークで沈黙が続くと何だか気まずい雰囲気になってすぐにレッスンに移行するからね。(この瞬間、若干落ち込む)

坊主です
坊主です

レッスンはこんな感じで始まります

  1. テキストの太字の英文を講師の後について読む(2回繰り返す)
  2. レッスンで学ぶ新しい単語を講師の後について読む(2回繰り返す)
  3. 新しい単語を含んだセンテンスを講師の後について読む(2回繰り返す)
  4. 最後に「何か質問ある?」とか聞かれます。

英語を独学で学習して挫折を繰り返してきたとはいえ、テキストを見ながら講師の発音を真似て読むこと自体は難しくはありません。

しかし、それが頭に入って、すぐに英会話に生かせるかと言えば「生かせません」「覚えたりできません」・・・それがとても悲しい。

それでも、講師が「グッド」とか「ナイス」とか褒めてくれます!大人になると「上手だね」なんて誰も褒めてくれないのでとてもいい気分です。

しかし、そこで油断していると、レッスン後半に自分で英文をつくる問題があるのですが、講師からの質問に対して、今まで上手にテキストを読む事ができたので、

途端に「あわわ・・・わわ・・」と、口からフレーズが出てこなかったり、いきなり「主語なしで単語だけ言う」ような、2歳児以下の英語スキルをさらけ出してしまった時の恥ずかしさといったらマジヘコミます。

同じテキストの内容で何度もレッスン受けれるから安心。納得するまで同じ講師や、講師を変えたりしながら理解するまでとことんやれるのはありがたい!
坊主です
坊主です

レッスン終了後も過去のテキストを見て復習することも可能です!

✓講師はニコニコしてこちらの緊張を和らげてくれる

✓最初はスローペースで授業がすすむ

✓講師もゆっくり発音してくれる

✓正しい発音を指摘してくれる

✓上手に発音できると褒めてくれる(モチベーションアップ)

✓わからない事が無いか常に確認してくれる

✓テキストを読んでる間が全部英語なので英語の学習をしている気分に浸れる

✓理解・納得できるまで同じテキストを繰り返し受講可能

✓最初の挨拶でつまずくと気まずい

✓すぐに授業がはじまると「会話がイマイチだった」とわかる

✓テキストを読んでるだけで満足してしまう

受験対策で学んできたら、読んだりするのは得意!そこが落とし穴

基本的にビギナーのグラマーのレッスンでは前半はリーディングが中心となります。レッスンで一番時間を必要とする「Short Conversation」です。

その前にこれまでのレッスンで学んだ

  • レッスンで学ぶ文法
  • 今日のフレーズ
  • 新しい単語+それを含んだフレーズ

では「ただ読んだだけで終わらないように」これらをよく覚えておくことが重要。

下は、実際のレッスン中盤で使うテキスト「ShortConversation」の画像です。

内容は、「ダニエルとオリビアの会話」を講師の後について読みそれを2回行います。
(大袈裟に感情込めて読むと褒められます)

 

次にテキスト中に出てくる「デビットとオリビア」の役になりきって2回ロールプレイして「Short Conversation」が終了。

各講師のレッスンの進め方で多少の誤差はありますが、だいたいこの段階でレッスンの半分は終了します。

読むのは簡単とは言え難しい発音や、間違えた発音は、見逃さずに「指摘」して正しく直してくれます。

短いセンテンスを読むときは、発音に注意しながら話せますが、長いセンテンスになると棒読みになってしまったりと問題は山積みです。

「発音を真似しよう」とか「口の動きを注意して見てみよう」とか、学ぼうとして最低限の頭は使っているのですが、「このままじゃいけない」って焦ってしまうのです。

✓役になりきってのロールプレイは楽しい

✓会話している気分になれる

✓一度で理解できくても何回か受講すれば*理解できる

*「理解」とは、テキストをただ読む事ではなく、その後の設問でレッスンを振り返り自分の言葉で英語でな答えることが「できたか?できないか?」を理解と言っています。

✓読むだけで満足してしまう

✓テキスト読んでるだけで大丈夫だろうか?と不安に思う

✓講師からの質問に自分で英文が作れないと不安に思う

スポンサーリンク

まとめ

私は、英語学習に何度も挫折してる「英語好き」でした。

そんな自分に別れを告げるために、英語が話せるようになるならと、毎月の出費は痛いけど「無制限・24時間レッスン可能」だったネイティブキャンプに飛び込んでいきました。

巷では「すぐに」「○○するだけで」とか魅力的な宣伝文句が私達を惑わせますが、それは幻想にすぎず、オンライン英会話でさえ、やり方を間違えれば自分の理想までたどり着けないのでは?と危機感を持っています。

それは「留学をしたのに・・・・」と似ているのかもしれません。

私の感じる危機感

  • 考えて発言しているのは、1分以下?
  • お気に入りの先生が手を抜く?
  • ただ、相槌を打ってるだけ?
  • 無制限だからとさぼってしまう?

ネイティブキャンプで実際にレッスンを受けて、私が感じる「このままではいけない!」がまだまだありますがそれは次の機会に詳しく書いていきますね