Fワードとか stupid って海外ドラマで言いまくっているけど真似していいの?

ワンランク上の坊主

海外ドラマを見ていると英語のセリフの中にも「fuck」いわゆる、F-wordを使った「汚い言葉」がありますよね。

結構「汚い言葉」「使ってはいけない言葉」のわりに、主役も悪役も、女性までも「fuck~!」って使っているけど、これがアメリカの日常なのかしら?って思ってしまいますよね。

私達も子供の頃に、お兄さんや大人の会話を聞いて「悪い言葉なんだけど使ってみたい」という感覚あったよね。

今回は、挫折組にもこのF-wordが得意そうな人がいるので「英語の汚い言葉」について少し勉強してみましょう。

スポンサーリンク

「バカ」の表現「stupid」は傷つき度が「silly」に比べて高い

サラ先生
サラ先生

挫折組でF-wordが得意な彼に発表してもらいます。

 

トップの生徒を紹介するわ!
悩み深蔵カモーン!

悩み深蔵
悩み深蔵

俺の事かい!

坊主です
坊主です

今日は制服じゃなくて気分を盛り上げる為に革ジャンなんですね!帽子は学生帽をリメイクしたんですね

それでは、悩み深蔵「stupid」の発音してください

サラ先生
サラ先生

日本でも「バカ=stupid」は最も多く使われる悪口ですからね。

英語でも覚えておきましょう。

 

悩み深蔵それでは気合を入れて発音してください。

悩み深蔵
悩み深蔵

stupid だけ発音してみるぜ、最も得意な「バカ」の英語はガンガン使っちゃうよ

次は、例文だぜ!

How can you be so stupid?

「どうしてお前はバカなんだ?」

イヒヒ♪心が傷ついたろう!

サラ先生
サラ先生

ネイティブの私からしてみれば「stupid」は結構「バカ度」が高い表現だから少し注意してね。

 

少し柔らかい表現は「silly」の方が無難ね。

 

同じ「バカ」と言う意味でも、悪意がない感じなので相手や、感情によってうまく使い分けるのよ。

 

This is silly!「バッカみたい」な感じです。

スポンサーリンク

「fuck」って言っても大丈夫なものなのか?

海外ドラマだと頻繁にでてくる「fuck」だけど、アメリカのテレビじゃ放送禁止用語でピー音が入るくらいだから、良い子のみんなは使わないでねって感じだけど、実際に学園ものの海外ドラマでも「fuck、fuck」言ってるよね。

坊主です
坊主です

サラ先生「fuck」って実際どうなの?

 

海外ドラマでは「クソ」「この野郎」って訳されるけど

意味は「性行為」でしょ。

サラ先生
サラ先生

そうなんだけど

 

「ちくしょう」「なんだよ」「ふざけんな」といったような感情や相手を罵る時に使います。

 

もちろん使う場面・相手には気をつけるようにネ。

 

でも、友人同士の会話では結構使っちゃうかも♪
その説明も後でするわね。

悩み深蔵「fuck」って発音して、それから例文もよろしく

あいよ!この「fuck」は、めちゃくちゃ練習したらからね、世界中の悩み深蔵とコミュニケーションを取りたい俺が最初に覚えた単語が「fuck」だから、マジでこれに関してはめっちゃ発音いいからね!

悩み深蔵
悩み深蔵

悪口はマシンガンのように「fuck」の銃弾を浴びせる事が大事!

「fuck」

「Fuck you!」死ねばいい

「Don’t fuck with me!」ふざけるな

どうだ、坊主ですかなり傷ついたろう!ズタボロだろ!

坊主です
坊主です

本当に悩み深蔵ってヒドイ人ですね。どう思いますか?サラ先生

サラ先生
サラ先生

悩み深蔵が嬉しそうに言う「fuck」以外に違う使い方もあるのよ。

大きく分けて4つあります。

 

① 性行為という意味
② 相手を罵る言葉として
③ 感嘆詞として
④ 強調語として

 

それじゃ、説明するわよ!

 

①番は・・あー恥ずかしい・・パス

②番は悩み深蔵が得意な「相手を罵る」やつね

 

③番・④番は、悪い意味で使われないこともあるので覚えといてね。

 

驚いた時に思わず言っちゃう「ちくしょう」とか「痛い」時はこんな風に言います。

 

「Fuck me! I’m late!」ちくしょう!遅刻だ!

④番の強調語としての「fuck」

「This place is fucking beautiful!」ここはすごくキレイ!

 

坊主です
坊主です

サラ先生、もっと「fuck」について勉強したいんだけど参考書ってありますか?

サラ先生
サラ先生

こんな参考書はどうかしら

スポンサーリンク

まとめ

どう転んでも「fuck」は「やる」や「くたばれ!」という下品で攻撃的な意味が超含んでいます。

これは大前提。

海外ドラマでいつも聞いている「fuck付き」のあのカッコイイ台詞のような、生きた英語をもっと理解するにはこのF-wordの意味や使い方は知っておきたいものです。

しかし、使用は控えた方がいいかもね。