スポンサーリンク

薄毛から坊主になったこの冬はライダースジャケットを手に入れるべし

lightstargod / Pixabay

今あなたが偶然にもこのブログにたどり着いたのなら、頭髪について何かしらの悩みを抱えているからですよね。

例えば、薄毛・ハゲに悩んでいるとか、ハゲ散らかすのをやめて坊主頭にしてみようかな?とか思っているならこのブログは役に立つでしょう。

今回は、薄毛・ハゲに悩んだ挙句に坊主スタイルにしたあなたにも是非読んで欲しい冬のオススメファッションについての話です。

もう悩んでいるだけの毎日を終わりにしてみませんか?

夏は坊主スタイルにとってファッションで差を付けにくい

秋が来て冬になれば、いよいよオシャレ坊主が輝けるシーズンの到来です。夏の暑い時期も直射日光さえ当たらない様にしていれば髪がある時よりも涼しいし、マッチョで筋肉に自信があれば、Tシャツ一枚でも「坊主スタイル+筋肉」は超クールです。

しかし、多くの薄毛・ハゲに悩むサラリーマンの私達にとって、毎日の生活の中で筋トレをして理想の体型を手に入れる為の時間をつくる事は簡単ではありません。

マッチョではないサラリーマンの坊主スタイルにとっての夏は、平日はワイシャツとスラックス・休日はTシャツ、ポロシャツとジーンズ・短パンでは、ファッションだけで他人との違いを表現するのが難しい季節なのです。

薄毛・ハゲに悩んで坊主スタイルにしてちょうど一年が過ぎて今回が2回目の夏ということになります。 坊主スタイルに...

坊主スタイルのオシャレの鉄則は「お坊さん」と言わせないこと

このブログでは、坊主スタイルのファッションの話をする時に必ずお伝えしているキーワードが「お坊さんに見えない事」これは鉄則です。

どんなに自分ではオシャレにキマッテいると思っていても、あなたの印象が「お坊さん」「お寺」「お経」などのフレーズを含んだ表現を相手に使われたら、あなたの負けです。

先日、久々に訪問した営業先の担当者の女性に「いいお経を読みそう」と言われてショックを受けたばかりです。

薄毛・ハゲの坊主スタイルをカッコよく見せるなら、絶対に「お坊さん」に見えてはいけないのです。
あなたも坊主にする前は、坊主頭ではない髪型であったわけで、その髪型に合わせたファッションを決めていたと思います。しかし坊主にしてみた...

坊主スタイルが最もカッコいいのは冬だ

薄毛・ハゲの坊主スタイルにとって、どうして冬が最もかっこいいかのお話しをしましょう。

欧米人は坊主スタイルが似合うけど、日本人は似合わないと耳にします。確かに彫が深く、頭の形がいい欧米人はカッコいいです。

しかし、それ以前に体と頭の大きさのバランスや、それを支える首の太さにも「日本人の坊主はイマイチ」の大きな原因があると思っています。

私達、サラリーマンがそれを改善する為には「筋トレ」が必要ですが、薄毛・ハゲで悩むようになってから、髪が乱れ、汗をかくスポーツ系の用事を敢えて避けてきている傾向があるので、今さらマッチョになれ!と言われてもかなりのハードルが高いのは理解しています。

だからこそ、薄毛・ハゲに悩んで坊主スタイルになったあなたにとって最高の季節「冬」がやってきます。

薄毛・ハゲから悩んで坊主スタイルになったのに、フサフサヘアのライバル達と互角、いや、それ以上のオシャレさんを演出することができるのです。

日本人の坊主スタイルの弱点はファッションアイテムで隠す

薄毛・ハゲからの日本人の坊主スタイルと、欧米人の坊主スタイルの一番の違いは欧米人は「顔」がカッコいいからではなく筋肉質な体型と「首」の太さです。

日本人の坊主スタイルは、痩せていて「首」が細いので「お坊さん」に見えてしまいます。

首を鍛えるのは簡単ではないので、夏は坊主スタイルにとってかなりタフな季節と言えますが、冬になったら状況が一変します。首や、薄い胸板などの日本人の坊主スタイルの弱点をファッションアイテムが隠してくれます。

マフラーで細い首を隠すのが一番効果的

冬は、クリスマス・大晦日・初詣・ウインタースポーツと野外のイベントが多いので、防寒対策を兼ねて、カッコいい坊主スタイルの演出にマフラーはマストアイテムです。

坊主スタイルの弱点である「細い首」を見せずに、マフラーで首元を太く見せることで、小顔効果も期待できます。

色や、柄が違うものが2、3個あるとファッションの幅が広がるので「カッコいい坊主スタイル」を目指すなら、首の細さをカバーできるマフラーは絶対に必要なファッションアイテムです。

坊主スタイルがしっくりこないとお嘆きのあなたに、毎日カッコイイ坊主スタイルとは何なのかを考えている私があなたの坊主スタイルが何故、し...

この冬は革のライダースジャケットがあればいい

薄毛・ハゲから坊主スタイルになったあなたが、この冬に誰からも「オシャレさんな坊主だな」と思わせるファッションアイテムを一つあげるとしたら「革のライダースジャケット」です。

革のライダースジャケットをオススメする理由

  • 誰もが男らしくなれる(誰もが似合う訳ではないが坊主に似合う)
  • 流行すたりがないので何年も着られる
  • バイカー御用達の老舗レザーブランドを選べは一生ものに出会える
  • 絶対にお坊さんに見えない
  • 薄毛・ハゲのままだったら絶対に手を出さない、いや、手を出せない
  • フサフサヘアだっとしても中途半端な髪型では似合わない
  • 古着屋さん等でリーズナブルな革のライダースジャケットも入手可能

私自身、薄毛・ハゲに悩んでいた頃にライダースジャケットを着るという選択肢は無かったです。

それは「似合うハズかない」と思っていたからですが、この時に改めて、薄毛・ハゲで悩むことによって自分の中で多くの規制を自ら作り、人生の楽しみ方において随分、損をしている現状に気付かされました。

ファッションも楽しめない・スポーツも楽しめない・仕事にも集中できないなんて、不自由すぎます。(自分で勝手に不自由になっていただけ)

坊主スタイルにして周りから、見た目に理解を得られない感じがしても人生の楽しみを優先するべきです。

坊主スタイルとライダースジャケットの相性はいい

ブランド品はとても高いので、新品はなかなか手を出せませんが、古着屋さんに行けば似たような雰囲気のライダースジャケットが手に入りますので古着屋さんを回ってみるのも楽しいです。

それ以外に、ブーツやジーンズなどライダースジャケットに良く合うアイテムも格安で手に入るので、それらも要チェックです。

新品の洋服はどこか照れくさいですが、古着ならではの適度な使用感が着慣れている感じを演出できるので特に革製品やジーンズは古着屋さんで調達しています。

もし、下の画像のブランドを古着屋さんで見つけることができれば、少し高いかもしれませんが、試しに袖を通して見てください。そして価格に折り合いがつけば買いです!

VANSON C2 ダブルライダース レザー

VANSONと言えば、少しでもファッションに興味がある方ならご存知のはず。この独特な重厚感のある革質が物欲をそそります。 VANSON C2は、形はややタイトでとてもカッコいいです。ダブルライダースJKTの中で最も人気が有りスタンダードなスタイルが特徴的です。

VANSON C2 ダブルライダース レザー (46, 黒)

サイズは大きめは、ダメです。少しキツイかなって感じで体にフィットしたものを選びます。古着だからキズ、汚れは当然ですので、そこは目をつむります。初めての革のライダースジャケットとの出会いはもうすぐです。

SCHOTT(ショット) 618 DOUBLE RIDERS

Schott定番の613を日本人向けにシェイプしてより日本人の体型に合うよう作られたのが日本別注の613US。それを更にトレンドを取り入れたスタイルに進化させたのが613US TALLモデルです。

SCHOTT(ショット) 618 DOUBLE RIDERS (40, ブラック)

薄毛・ハゲからの坊主でもライダースジャケット+ジーンズだけでパーフェクト

下の画像のようにシンプルにジーンズと組み合わせるだけで「お坊さん」には決して見えない、冬の「休日の大人の坊主スタイル」のファッションの完成です。

薄毛・ハゲで悩んでいたあなたが、坊主スタイルにして何かファッションについて物足りなさを感じているのなら、今年の冬は「革のライダースジャケット」をゲットしてみてください。

buco/J-24 JACKET

革のライダースジャケット以外はどれもシンプルな、シャツ・セーター・紺のパンツ・ナイキのスニーカーだが、ライダースジャケットを組み合わせればめちゃクールになるでしょ。

坊主になったら、嫌な事ばかり起こると思っていませんか? 私自身も薄毛から坊主になったので、「坊主」のネガティブイメージを自分の...

まとめ

首も細く、筋肉質ではない日本人の坊主スタイルにとって、ファッションを楽しむという部分では夏はタフな季節でした。

そんな夏も終わり、これからは坊主スタイルの私達がオシャレを楽しめる季節がやってきます。来年の夏に向けて、筋トレは続けつつ、現状の「首の細さ」の弱点を補うために今年の冬はマフラーを活用します。

そして、今年の冬に絶対手に入れたいマストアイテムは、革のライダースジャケットです。薄毛・ハゲに悩んでいた頃には考えもしなかった、積極的な洋服選びを楽しんでください。

薄毛・ハゲを理由に、いろいろな事を諦めていたあなたが、自分に似合う服を探しながら、趣味や、旅行などを計画するするなかで、今まで眠っていた本当の自分に気付くことを祈っています。

スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ

Translate »