スポンサーリンク

これで簡単に坊主にした後の「物足りなさ感」を解消する冬のファッション小物

berndbitzer / Pixabay

薄毛・ハゲで悩んだ末に坊主スタイルを選択したばかりのあなたにも、坊主スタイルにして数年たったあなたも、同じように感じている「物足りなさ感」について考えてみましょう。

坊主スタイルは、薄毛・ハゲに悩む人にとっては、かなりの特効薬ですが、その副作用が少し強いので、あなたが想像する理想のゴールにならないかもしれません。

その「物足りなさ感」という副作用を緩和させることで充実した坊主スタイル生活を送ることができます。

「薄毛・ハゲの悩み」真っ最中のあなたも参考にしてみてはいかがでしょうか?。

あ~物足りない、何か物足りない!

坊主スタイルにした後の「物足りなさ感」の副作用を緩和させる最も効率のいいファッションアイテムの話をする前に、坊主スタイル後の「物足りなさ感とは?」についてお話します。

薄毛・ハゲが急速に進行して流行の髪型も、ファッションも諦めなければならない絶望の中にいた毎日から、これからの人生を生き直すつもりで決断した「坊主スタイル」にしたまでは良かったが、何か物足りないんです。

「髪の毛」に振り回されていた毎日から解放されて、全てうまくいくはずだったのに・・・・私も坊主スタイルにして1年と半年程たちますが、未だにこの「物足りなさ感」との戦いです。

坊主スタイルにした後の「物足りなさ感」とは?

  • あんなに大事だった髪を自ら捨ててしまった後悔(もっと他に方法があったのでは?)
  • 似合っていると思えない
  • 同じく自分以外の人も似合っていると思っていない
  • お坊さんに見える
  • おじいちゃんに見える
  • 病み上がりに見える
  • 古臭く見える
  • 見られるので「なんか、やっぱり間違ってる?」感がしてならない

薄毛・ハゲで悩んでいた頃は、「お願いだから見ないでくれ~」「ハゲって気が付かないでくれ~」と思っていたのに、坊主スタイルにしたら「ハゲを隠していた頃よりはいいよ♪」って言って欲しいって誰からも認めてもらえない感じが、坊主スタイルに物足りなさを感じてしまう部分です。

考えてみれば、ハゲで悩んでいたいい年したオジサンに対して「坊主、似合ってますね♥」とか絶対ないですけどね。

他人や周りの人から「物足りなさ感」を解消してもらうのでなく、自分で行動を起こすのです!

坊主スタイル後の物足りなさを解決するのは「巻物」

ファッションアイテムで巻物?とは、ネクタイ・ストール・マフラーです。この時期ならマフラーですね。(海外ではマフラーとは言わずにスカーフ)

夏場(冬場も)はサラリーマンでもネクタイをしないで通勤するようになってすっかり定着したクールビズの装いは、坊主スタイルにとって、ただでさえ「お坊さん」に見えてしまう、イケメンでもない一般的なオジサンサラリーマンの「坊主+ワイシャツ一枚」では、「おしゃな坊主スタイルのオジサマ」を演出するのがとても難しい季節でした。

6月から10月くらいまで、身に着けるファッションアイテムが少ないので、第一ボタンを外した、ワイシャツ1枚から覗く、細い首を晒すことによって「お坊さん」のように見えてしまう事、又は年齢によっては「おじいさん」に見えてしまうと言った、なんか「シンプルすぎない俺?」の物足りなさです。

その解決法として、首を鍛えましょうとこの夏は提唱してきましたが「首を太くする」「筋肉を付ける」と言っても明日からすぐにという訳にはいきません。

坊主スタイルがしっくりこないとお嘆きのあなたに、毎日カッコイイ坊主スタイルとは何なのかを考えている私があなたの坊主スタイルが何故、し...

通勤はマフラーを巻け!首に巻くものは何でも巻く

「冬だから=マフラー」という、何のひねりもない回答じゃないか?と拍子抜けしているあなたの顔が目に浮かびますが、良く考えてみてください。

私もそうでしたが、長期間にわたり薄毛・ハゲに悩み、それを隠そうとすることに時間とお金を費やしてきました。

残った髪で作るハゲ隠しの髪型の製作に時間を割き、仕事中でも顔が写るものを見つけては、頻繁に髪型のチェックをして時間を無駄に使い、育毛剤や内服薬・サプリメントの購入にお金を費やしているのに何年も悩んでは疲れ果てる毎日は、私達の大事な人生にとって何の意味があったのでしょうか?

たかがマフラーですが「物足りなさ」を埋める行動は前進です。進化です。

分かりにくいかもしれませんが、坊主スタイルにした人たちは、ハゲを露出していますから、以前のような薄毛・ハゲの悩みではないのです。

どうしたらこのシンプルな坊主スタイルとうまく付き合っていけるかな?と模索するなかで「髪の毛の呪縛」から解き放たれた今、今まで遠ざけていた事の中で何が自分にできるのか(楽しめるか)の段階に進んでいるのです。進化中なのです。

マフラーで貧弱な首を隠し小顔効果を演出

男性においてコートやジャケットと違い、マフラーはファッションアイテムの中では主役ではありません。

サラリーマンの通勤において寒くなければ、無くてもいいくらいの位置づけです。でも坊主スタイルのサラリーマンにとって「お坊さん」でも「おじいちゃん」でもない、シンプルに「髪型が坊主の人」に見てもらえるかもしれない重要なファッションアイテムなのです。

もう一度、おさらいです。なぜマフラーが必要なのかというと、坊主にした事で今まであったはずの髪の毛の高さと幅がなくなった分、シンプルになりすぎた顔の輪郭、細い首が強調されるのをマフラーを巻く(首を隠す)ことで防ぎます。

  • マフラーを巻くことで、貧弱な首を隠せます
  • 上質な生地のマフラーでオシャレさんを演出できます
  • 首元に適度なボリュームをだして小顔効果をもたらします

ほとんどのオジサンサラリーマンは首を鍛えていないと思うので首が細いとマッチ棒のように貧弱に見えます。

私は、外国人の坊主スタイル・スキンヘッドがカッコいいと感じるのは頭の形もさることならが、首の太さが大きく関係していると見ています。

マフラー1本だけ・何年も同じものから卒業

フサフサヘアの人達にとって、ファッションアイテムの脇役であるマフラーでも、坊主スタイルにとっては、首の細さをカバーして「あの人はファッションで坊主にしているのかな?」と思わせるような奇跡を演出してくれる重要なアイテムであると気づいてくれたなら、もう何年も使っている薄毛・ハゲ時代のマフラーに見切りをつけましょう。

私達、坊主スタイルにとって重要なアイテムなら、1本とは言わずに2~3本は用意しておきたいものです。

単色・「編み」では無く「織り」のマフラーを選べば安心

ビジネス用のマフラーなので、巻いた時にボリュームが出過ぎる「編み」のタイプでは無く「織り」のタイプを選ぶと間違いないでしょう。

「編み」のタイプはカジュアルになりすぎるので、スタイリッシュを優先して「織り」のタイプを選びます。

価格は高くなりますが、できたら首回りがチクチクしない、上質なウールであれば完璧です。

色はビジネスカラー、柄物は避けるのが失敗しないコツ

面白味に欠けますが、ビジネスカラーを選びます。ビジネスカラーとは、ビジネススーツに用いられる系統の色のことです。

☆どんな柄を選べばいいか

  • ネイビー
  • ブラック
  • グレー
  • ブラウン

☆実際のコーディネートでは

  • ネイビースーツには、ブラック・グレー・ブラウンのマフラー
  • グレーのスーツには、ブラック・ネイビーのマフラー

まとめ

ねっ♪なんか楽しそうではありませんか?

男子が(最近は女子も)絶対になりたくない、薄毛・ハゲを経由して坊主スタイルになった今、この冬、オシャレに見えるように「新しいマフラーでも買おうかな?」なんてフサフサヘアの人達と同じ楽しみを感じているんですよ。

坊主スタイルそのものには自信ががなく、誰からも認められない「物足りなさ」を感じていても、純粋にファッションを楽しんでいるんです。

薄毛・ハゲに悩んでいる頃に洋服選びをしている1年6ヶ月前とは、明らかに違う感覚です。

薄毛・ハゲを隠そうとして丹精込めて作った髪型も、風が吹いたら、雨が降ったら、と思うと会社に行くのも憂鬱でした。

こんな風に今までとは違う感覚で、ファッションに再び興味を持つことで、お気に入りのマフラーを巻いて「オシャレな坊主スタイルの人」に見えれば、会社に行くのも楽しみに変わるかもしれません。

薄毛・ハゲの悩みから立ち上がり「物足りなさ」を埋める行動は前進だとは思いませんか?

スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ

Translate »