スポンサーリンク

時期が来たので「坊主にしただけじゃもったいない」を語ります

実は、「坊主にしただけじゃもったいない」って最近特に感じるんです。薄毛・ハゲの悩みのどん底から救ってくれたのは、紛れもなく「坊主スタイル」ですが、坊主頭になって漠然と過ごす毎日を送るだけでは本当にもったいないと思っているんです。

私が坊主した最初の頃は「ハゲを隠すストレスから解放」「髪に時間をかけなくて快適」等の良かった点と「恥ずかしい」「似合わない」等の負の感情の対応に忙しく、心から「坊主ライフ」を楽しいとは言えない状況でした。

坊主スタイルにして1年以上を過ぎて心落ち着いた今となって、薄毛・ハゲを理由に中断していたことを再開するにはとってもいい機会なので、なかなかマスターできない英語学習を再開する計画を立てています。

あなたが、薄毛・ハゲを理由に先延ばしにしている事があれば参考にしてみては?

英語学習と坊主の相性はいいはず

英語が話せるようになれば「人生が変わる!」と言われています。私も社会人になってから、今の今まで英語学習をしてきたつもりですが、人生が変わっていないので「英語が話せてない」つまりマスターまでほど遠い状態と言えます。

一見関係ないと思える、「坊主」と「英語学習」ですが、ここまで英語学習をしてきて一向に英語が話せない理由は勉強方法の問題があるのでしょう。

私はこれまで、本を中心とした英語教材を使ってきました。例えば当時、とても良く売れた本と記憶しています。私が英語習得に失敗した立場なので何の参考にもなりませんが、たまに読み返しています。

薄毛が気になって英会話スクールを挫折

こんな風に本を中心に英語を勉強したつもりになっていたのですが、かなり昔、そうとう昔、英会話スクールに行ってみようと、衝動的にNOVAという英会話スクールに通うことにしました。

青い目をしたイギリス出身の若い女性の先生がテーブルを挟んで目の前にいる状況はまさに、私が夢見た世界がそこにありました。

しかし肝心な会話ともなると頭が真っ白で言葉が出てきません。

何をしゃべろうかと考えている内に、頭皮から汗が吹き出し、薄毛の状態が気になり、もはや会話どころではありませんでした。

そんな事を繰り返し、英会話も上達しないまま私の「駅前留学」はリタイヤとなりました。

もしもあの頃、外国人の女性の方が日本人の女性よりも、ハゲや薄毛の男性を嫌いじゃないという事を知っていれば状況が違ったと思うと複雑です。

坊主スタイルになってそろそろ一年になろうとしているのですが、坊主スタイルしたばかりの頃と、一周年を迎えようとしている今とでは?と心配...

結局、ハゲが原因で自信がなければ英会話なんて無理

英語を全く勉強していない人が突然外国人に話しかけられて「何も答えられなかった」は、ありです。しかし、英語を好きで、外国人と話したいと思って勉強しているのに「逃げちゃった」「車両を変えちゃった」はとても悲しいです。

薄毛・ハゲで悩んでいる頃の私はまさに後者です、外国の方と会話をしたいのに外国人恐怖症とは冗談でも笑えません。

具体的はどんな事かと言うと、外国人との会話中に「沈黙になったらどうしよう」「相手が理解できなかったらどうしよう」と考えると恐怖なのですが、薄毛・ハゲ特有の悩みからくるこんな恥ずかしさも英会話上達の妨げになっています。

英語をたどたどしく話しているところ・話せないところを回りの人に見られたくない

日本人で、英語を流暢に話せる人はそう多くないと思っています。自分もその一人なので、駅や、電車の中で外国人に話かけられたら「こいつ英語しゃべれるのか?」お手並み拝見的な目で見ているのが分かりますよね!

もし、しゃべれたら本当にかっこいいですし、しゃべれなかったら「やっぱりね」「カッコ悪」っていう視線に負けてしまって英会話どころじゃなくなってしまいます。

まして、薄毛・ハゲというコンプレックスも同時に抱えている私にとって電車や駅で外国人に話しかけられようものなら「目立ちたくない」「気が付かないフリをしよう」と逃げていたのですから一体なんの為の英語学習なのか?と落ち込まずにはいられません。

英語学習に限らず、薄毛・ハゲを隠そうとする気持ち(恥ずかしい・人前に出たくない)は、最終的に発表・試合等、自ら表に出なければならない、あらゆる趣味の上達の妨げになると思われます。

英会話を学びたいのに自分の殻に閉じこもりながらも、参考にしたポッドキャストやYouTubeをシェアします。

バイリンガール英会話 | Bilingirl Chikaさん

Chikaさんがすごくキュートです。英語が話せると無限大な世界が待ち受けてる事がよくわかる動画が満載です。

外国人と話す、世界とつながる |アーサーさん

優しい語り口調が耳に心地いいです。外国人と話す為に、テクニックよりも相手の気持ちを考えて話をすればいいと別の角度から分かり易く身振り手振りで英会話を解説してくれます。

バイリンガルニュース|マイケルとマミさん

マミさんもマイケルも画像検索しても出てこないけど、声からしてマミさんはカワイイし、マイケルはイケメンのはず、そんな二人がマイケルは英語で、マミさんは日本語で海外のHOTなニュースを面白おかしく解説してくれます。

英語のサイトを理解できることで、いち早く最先端の情報を得る事ができるメリットを改めて考えさせられます。

でも、それだけじゃ英語がしゃべれない

どんなに楽しく動画を見たり、ポッドキャストを聞いたり、海外ドラマの字幕版をぶっ続けで見まくっても、東京駅で外国人に「横浜まで地下鉄で行きたいので教えて?」って聞かれたら、きっとあせって満足に答えられないでしょう。

せっかく勉強しているのに、英語翻訳アプリに代わり答えてもらえば済むことですが、それでは納得できないのです。

坊主スタイルになって変化の兆しが

今までは、薄毛・ハゲを言い訳に「対人恐怖」に甘えていましたが、坊主スタイルになった今、少し変化の兆しが表れていることに気が付きました。

坊主スタイルになると、ハゲ丸出しなので全てをさらけ出しているせいか「それ以下でも、それ以上でもない素の状態」で街をあるいているので、それほど失うものは無いと思って生活しています。

その状態であれば、外人にいきなり話かけられても、薄毛・ハゲで悩んでいた頃よりは、冷静に対処できそうな気がします。

坊主はイケメンフサフサヘアよりも期待値が低いから安心して失敗できます

イケメンで流行のフサフサヘアーが失敗する方が、リスクが高いです。薄毛・ハゲの人がイケメンフサフサもどきのヘアーをして失敗するとそのリスクはMAXです。

しかし、弱点丸出しの坊主スタイルとなった私達は、なりふり構わず失敗できます。外国人に急に話かけられても、日本語混じりの思いっきり片言の英語で対処しても、それはそれで大いに人助けだと思うようになりました。

なまじ、英語を勉強してきているからこそ「ちゃんとした英語で答えなければいけない」と自らハードルを上げて苦労していたとは、やはりハゲを隠そうと変な髪型を毎日作り上げるくらい滑稽です。

英会話スクールは確かに高い、サラリーマンにはかなりキツイです。(今の私には無理です。)今は、スカイプで英会話もできるし、一時間単位で指定したカフェで英会話を教えてくれる外国人を見つけるアプリもあるくらい、生の会話を通して英会話を勉強できる環境が整っていることを、さっき紹介したアーサーさんの動画やポッドキャストで最近知ったのですが、薄毛・ハゲで悩んでいた頃は、きっとスカイプもカフェで外国人に会う事も絶対NGだったはず、でも坊主スタイルになった今、それが可能だと思える自分がいるのです。

坊主スタイルになる時の不安はいつしか、いままで挑戦できなかった事への期待に変わります

なんか今年も終わりに近づき、また新しい年がやってこようとしています。もう人生の折り返し地点を過ぎて、変化を求めなくなっている自分がいます。

特に、坊主スタイルにする前は、いつかきっと薬や育毛剤が効果を発揮して髪が少しずつ生えるとといいなと空想して生きてきました。

「生えるまで待とう」「生えたらやってみよう」と待っていても、ずっと立ち止まったままでしたが、坊主スタイルになった今、固かった車輪がゴロリと動きだし、いままで眠っていた好奇心が芽生えてきたから驚きです。

英語学習に関しても外国人と話をして、できれば友達になれたらいいな?などと考えるほど、英語学習での目標も一段あがりました。

今、私は坊主スタイルの自分に対して基本的にほとんど恥ずかしさはありません。

もし、あなたが薄毛・ハゲに悩んでいて坊主の髪型を考えているとしたら私はこう答えます。

坊主にする前とした後はもの凄く不安です。それがしばらく続きます。でも、デメリットよりもメリットを感じるでしょう。

1年もすれば、メリットばかりを感じるようになります。1年を過ぎて数か月も経てば、もう髪を伸ばす事はないだろうと思うようになります。

まとめ

というわけで「坊主にしただけじゃもったいない」の話をしましたが、私があなたよりも坊主にした時期が一年半年以上も先輩なので、不安ばかりの「坊主ライフ」ではない事を経験と、現在の英語学習の目標を一段上げたというお話をしました。

坊主スタイルにしたら、過去の自分を知らない初対面の人と会う事は、ハゲで悩んでいた時よりも得意なはずです。

新しい出会い・新しい趣味を通した人とのかかわりに期待してもいいでしょう。

あなたは薄毛・ハゲで悩んでいろいろな事をずっと我慢していたのではないですか?

スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ

Translate »