スポンサーリンク

坊主頭は本当にモテないのか?モテまくっているからマジ驚くよ

坊主頭とか坊主スタイルとか言っていますが、ハゲてますので基本はハゲです。

やっぱり、フサフサヘアからの坊主頭とは違うわけです。髪を伸ばす事も、短くすることも自由自在の彼らとは、残念ながら明らかに違います。

しかし「ハゲ散らかしていないので、それよりはいいだろう」と都合よく勝手に線引きしていますが、いくら自分たちで線引きしたとしても世間での線引きは「ハゲ」のジャンルに入れられてしまうわけです。

そのことを知っているからこそ、坊主スタイルになってハゲを隠そうとしていた頃に比べて、苦労や悩みは格段に減ったわけであるのですが、心のどこかで100%満足していない理由は「坊主にしたけど結局ハゲだし、なんかカッコ悪いんだよね。きっとね。」ですよね。

坊主頭になる前のように「薄毛を隠すテクニック」を駆使したり、カツラにした方が今よりもモテたのでは?と疑心暗鬼になるのもしかたありませんよね。

やっぱり、基本にかえって育毛クリニックでAGAの治療を受けた方がいいのでしょうか?

さすがに1年以上も経てば慣れる

私も坊主頭になってから、今年の7月で2年になりますので、いつもまでも「不幸だ~」「ついてない」「ハゲだから仕方ない」なんて思うのはヤメにします。

日本では、どうしても「坊主=いいイメージがない」と思われていて、ハゲ・坊主の話はどうしても、どこか暗くなってしまいがちです。

フサフサ頭の人が、坊主頭になっても、すぐに髪を伸ばしてしまうのは、坊主頭のメリットよりも、デメリットが勝ったから坊主頭をやめてしまうのです。

人は悩んでばかりいられないので仕事は仕事として、悩みは悩みとして同時進行で人生を生きねばならないのが辛い。 薄毛だからと言って...

それでも私達が坊主頭を続けているのは、坊主頭の自分に100%満足はしていないけれど、薄毛・ハゲに悩んでいる状態よりも、精神的に坊主頭の方がストレスを感じないで済むからです。

しかし、このような「満足度の葛藤」も1年を過ぎ、もう少しで2年になろうとする頃には、自分も含め、周囲も坊主頭に慣れてくるので、そろそろ次のステップに進みたいと思います。

坊主頭は罪じゃない

坊主頭になって、満足できる自分を見つけることができないから、いろいろな角度から「坊主頭のメリット」や「坊主に対しての誤解」について考えてきました。

世間一般のビジネスマンの坊主頭へのイメージはポジティブなものは少ないのが現状です。

・薄毛やハゲに悩んでいても、よろこんで坊主頭になる人はいない

・周りを見ても坊主頭は圧倒的に少ない

・笑いのネタや、罰・反省といったイメージがつきまとう

特に、坊主頭になり立ての頃は、人と目を合わせるのも辛かった時期がありました。

しかし、時間が経つにつれ、坊主頭に似合うファッションや坊主頭が似合うような体を作ろうとレーニングをしているうちに「坊主頭でもいいじゃないか」と思えるように、あなたもきっとなります。

これからは外国人の坊主頭のナイスガイから学ぶ

どうしても、日本では坊主頭といえば「お寺のお坊さん」です。

当然、お手本と言えるようなカッコイイと憧れる存在ではなく、またあまりに特殊な職業なので誰もが真似できるものでもありません。

国内のネットや、動画でも「坊主頭のメリット・デメリット」「バリカンの使い方」は紹介しても「坊主頭になってどう生きるか?」という部分に参考になる、真似したいと思えるようなネットの記事やYouTube動画は少ないです。

特に、日本の坊主頭に関するYouTube動画をみていると少し暗くなります。かといって「笑い」にして欲しいとも思っていません。

それに比べ、海外の坊主頭に関するYouTube動画は、坊主頭になった経緯を説明している内容については、実は日本人の私達と同じように、多くのYouTuberが「薄毛からハゲが進行して悩んでいたが、坊主頭にしたら悩みが無くなった」と言っています。

つまり、ハゲから坊主頭にすることは、外国人にとっても、勇気がいることであるということです。

外国人だったらな~って憧れますよね。イケメンだし、ハゲでも薄毛でも坊主頭にしてしまえば、それはそれで似合うから、外国人は本当に羨まし...

外国人の坊主頭になってからの行動力から学べることがある

彼らの動画から「薄毛・ハゲから坊主頭になることはキツイ」ことは、日本人だけではないことはわかりました。

しかし、坊主頭になった後の日本人の立ち直りと外国人の立ち直りのスピードがYouTube動画の内容を見てみても違いは明らかです。

彼らはとても活動的で坊主頭になって活躍する姿をYouTube動画を通して見せてくれます。

日本人の動画は「坊主頭にするまで」を見せてくれますが、その後「あなたはどうなった?」を見せてくれません。

坊主頭が本当にモテないかは彼を見てからにして

興味のある方は、YouTube のサイト内検索で「bald Vadim」と検索してみてください。(baldはハゲという意味で、Vadimとは名前です。バディムさんです。)

ズバリ動画を紹介したかったのですが、かなりモテまくっているのでここでは遠慮しておきます。

誰もが彼(Vadimさん /バディムさん)のようにうまくいく訳はありません。

外国人だから、顔や体型が日本人と違ってイケてるから、習慣が違うからと言って簡単に片づけてしまうのは本当に勿体ないです。

私も全く女性に対して自信がありませんし、坊主頭になってから異性に対して何かアクションを起こした訳ではありません。

なぜならこのYouTube動画を見るまで、全くと言っていいほど「成功するイメージ」が持てないからです。

人間はイメージできないものは絶対に実現できない

「成功するイメージが無いので」坊主頭が女の子にモテモテだなんて想像したこともありません。フサフサ頭のナイスガイよりハッピーに過ごせるとも思えるはずもありません。

そのようなイメージが思い浮かばないから「そうしようにも体が動きません」しかし、たまたま見つけた上記のYouTube動画で、確かに彼が(Vadimさん /バディムさん)女性と楽しく(なかば強引に)会話をして興味を持たせようとチャレンジしている姿にハラハラしながら見ることで、彼の成功や失敗をモニターを通して疑似体験する事ができました。

そして羨ましい!

さらに彼(Vadimさん /バディムさん)はフサフサヘアからの坊主スタイルではありません。

私達のように薄毛・ハゲからの坊主頭です。

日本における坊主頭に対する暗いイメージは、この動画から「坊主頭=絶望」の図式を感じる部分は微塵もありません。

イケメンの彼の巧みな会話術と行動力だからか?

アメリカにおいても坊主頭(ハゲ)は、フサフサヘアには勝てないようです。

女性レポーターが「ハゲと髪の毛ある人、どっちが好き?」って質問を街行く女性に投げかけますが世界共通「髪の毛ある人が好き!」という女性は多いです。

「気にしない」と答える女性もいてハゲも健闘していますが、アメリカでも日本でもこの質問に対してハゲはやはり苦戦しています。

多分、日本でも好き嫌いがハッキリと分かれる結果になると思います。

このインタビュー動画からしても、アメリカだからとか、先に紹介した動画の彼(Vadimさん /バディムさん)のキャラクターだけでは片づけられない「楽しい男」「セクシーな男」になるための「努力・トレーニング・考え方」を学ぶ必要があると感じました。

確かに坊主頭にした直後から今日まで、対人関係においては「ちょっと暗かった」かなと反省しています。

動画を通して彼からファッションを学べる

彼(Vadim /バディム)の会話術や行動力はすぐに真似できるものではありませんし、日本においてあそこまで大胆にアクションを起こせるかといえば難しいです。

しかし、彼から簡単に学べる部分もあることを付け加えておきます。

シーズンごとに参考にできるファッションが見られる

ハゲ・薄毛から坊主頭になって最初に考えることは「何を着たらいいんだ?」です。

今まで着ていた服が似合わないような気がしてファッションの事に頭を悩ませます。(実際にここで何も感じなければ、ただ年をとっておじいちゃんになるだけです。)

過去のYouTube動画を見ることで、一年を通して彼(Vadimさん /バディムさん)の着る洋服を全てチェックができることは、ファッションに迷いを生じている坊主スタイルの私達にファッションのヒントをくれます。

彼が身に着けるいろいろなタイプの帽子、サングラス、Tシャツ、スニーカー、ジャケット、コートそして、それらの着こなしは、どれをとってもオシャレ過ぎず、日本でも売っていそうなデザインばかりで簡単に真似できそうです。

坊主の長さが参考になる

多分、彼は(Vadimさん/バディムさん)スキンヘッドではなく、1mm以下に刈っているでしょう。ハゲと髪のある境に違和感をあまり感じないのはそのせいです。

彼の坊主の長さを参考にして現在、私は3mmで刈っていますが、もう一度1mmで刈ってみようかな?と思っています。

「ハゲ」と「髪のある部分の境」をできるだけ目立たせないことが重要であると、改めて確認できました。

坊主スタイルの人が多くなってきたような気がする今日この頃です。みなさんの坊主スタイルを見るにつけ気になる点がありますのでシェ...

まとめ

坊主頭の私達は「もうハゲたから、諦めよう」と暗い気分で過ごす事は違うんじゃない?って疑問に思う時期にきていると感じてます。

そうでなければ、薄毛・ハゲになって苦しみ、坊主頭になってさらに苦しむなら、オジサンになって少しでも老化が進んできたら、それ以降は苦しみ続けながら暗い気持ちでこのまま人生を終えるのか?ということに等しいです。

当たり前ですが、世界は広いです。そして今更ですが、髪があっても無くても、薄いままでも、坊主頭でも人生を楽しむ方法を積極的に探して行こうとすれば、ヒントを得る事は可能ということは分かりました。

今回紹介したYouTube動画では、主人公のVadimさん/バディムさんが、女性と会話しているすぐ横を歩く通行人の中にも、ツルツルの坊主頭の外国人が街を闊歩しています。

薄毛からハゲが進行して坊主頭を選択した日本人の私達は、日本では肩身が狭くても、外国ではそれが普通ということが、YouTubeという世界中の人が誰でも使える身近なサイトでわかったことは、2年近くもネガティブだった自分の視野の狭さに愕然としましたが「ハゲ・薄毛から坊主頭になっても楽しく過ごせる人はいた」という事実を知れた事は大きな分岐点になりそうです。

スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ

Translate »