スポンサーリンク

坊主頭になっただけではダメ「怖そうに見える」に終止符をうつ7つの進化

最近、ニュースなどで悪いことをした人がたまたま”坊主頭”の人だと、同じ坊主スタイルにしている私は、悲しくなると同時に少し恥ずかしくなります。

数秒間、坊主頭の悪いことした人がテレビに映っただけなのに「こんな真面目そうな人が罪を犯すなんて」というより、印象としては「やっぱり、見た目が危なそうな奴だから」と見えてしまうだろうなと、常日頃から「素敵な坊主スタイルライフ」を考える私は心配になります。

はやく、薄毛・ハゲの悩みを解決して「見た目のイメージ問題」を考えてみませんか?

首から上だけの坊主頭の「見た目のイメージ問題」

一般の人からみて、中年サラリーマンの坊主頭の印象はたいてい良くないので、周囲の目は厳しいと感じがちですが、果たしてそうでしょうか?

・強面に見える

・神経質そうに見える

・暗そうに見える

・何を考えているかわからない

その人のファッションも、趣味も、仕事もわからない、首から上の顔写真だけをみたら、よほどのイケメンではない限り、そのような印象をもたれると思います。

サラリーマンに限らず多くの男性は、人気の全くない坊主頭を選ぶより、薄毛・ハゲをカバーしているか、そのままの髪型の人が大多数なのが実態です。

坊主頭に対しての大多数の意見はネガティブ

「大多数」のその人たちから見れば、サラリーマンにとってタブーと言われている髪型を、わざわざ選んでいるので、何かミスをすれば「やっぱりね」「見た目通りだね」なんて思われてしまうかもしれません。

坊主頭になる前の私も「大多数」に属していたので、坊主頭に対するイメージをネガティブなものと捉えていました。

薄毛・ハゲから悩んで坊主頭にしたので、決して目立ちたいという気持は無いのに、どうしても普通の髪型に比べたらレアな坊主頭の髪型は目立ちます。

確かに、1年以上坊主頭でサラリーマン生活を送っている私でさえ、今でも「少し浮いてるかな?」と思うことはあります。

そのようなネガティブなイメージがはびこる中で、ハゲを隠すのを辞めた私たちは「見た目のイメージ問題」をどのように解決していけばいいでしょうか?

坊主にした時に「私はハゲでした」のカミングアウトで終わらない為に
坊主スタイルにする前も、した後も、頭を悩ますのは、坊主した際の髪の長さです。この話題はこのブログでも取り上げる事が多いのですが結論と...

ただ坊主頭になっただけではダメ「進化」が必要

坊主頭になっただけでは、ただのカミングアウトです。「ハゲを残った髪で隠してました」と宣言しただけです。

そして、あなた自身も決して楽しい事もなく、ハゲからの悩みから解放された感覚も得る事はできないでしょう。いつまでも世間の持つ、坊主頭のネガティブなイメージに疲弊していくことになります。

そうなれば、自然と表情も暗くなってしまいます。けど安心してください。

あなたもこれから自然に感じる事と思いますが、薄毛・ハゲに悩んでいた人が坊主スタイルにして後悔したという話はあまり聞きません

後悔しない為には、条件があって今まで薄毛・ハゲを理由にしてできなかったことや、我慢していたことをピックアップしてみてください。

それらを行動に移そうと試行錯誤すれば「ただの坊主頭になっただけの人」ではなくなり「怖い」「暗い」「カッコ悪い」といった一般的に作られた「坊主頭の人のネガティブなイメージ」に該当しない人物になるからです。

坊主頭になってこれから進化がはじまる

坊主頭にして間もない頃は、急激に自分の容姿が変化したことに、周囲の人たちをも巻き込んで、しばらく動揺が続く為「坊主頭なんてバカなことをしたかな?」と、気持ちが落ち込み、今までよりも「人生が後退してしまった?」と、坊主頭にしたことを後悔するかもしれません。

私は坊主頭になって1年と半年以上経ちますが、坊主頭にした直後は、悩みから解放された!と思う反面、これで会社に行って大丈夫かな?という葛藤はありました。

「これで会社に行って大丈夫かな?」って思うのは、今までの印象と全く違う丸刈りの坊主頭のあなたが「どうしよう?生まれ変わってしまった」と感じるから、これからが不安になるのです。

坊主頭になろうとしているあなたや、坊主頭になったばかりのあなたは、自ら大切な髪を捨てた「敗北者」のように思っているかもしれませんが、生まれ変わったあなたは、実は大きく「進化」する可能性を秘めているのです。

坊主頭にして進化したとはどういうこと?

ハゲ・薄毛で悩んでいた(悩んでいる)いままでの(現在の)あなたは、自分の現状に「くよくよ・イライラ」していたことでしょう。

「なぜ、俺だけ髪が薄いんだ!」「なぜ風が吹くんだ!」ってどうにもならないことに、くよくよしたり、イラついていたはずです。

薄毛・ハゲで悩んでいる頃の年数は、今思えば本当に無駄でした。日々「髪型が乱れてハゲが露出しないか」の事ばかり考えていたなんて情けないです。

地球に住んでいる以上、風も吹けは、雨も降る、汗もかくし、湿気もある、人間にはどうにもならない事に対して髪型が乱れるからと一喜一憂していたと思うととても滑稽です。

ハゲを隠すことで「髪」に執着していた私には、到底「進化」なんか訪れる訳がありません。むしろ退化していたのです。

進化① 決断したこと

「髪」を捨てて、全て受け入れたあなたの行動力が第一の進歩です!「髪を捨てる事=坊主頭になる」事を良く決断しました!

いろいろ情報を収集したりしてかなり考えたことでしょう。そして考えるだけでなく行動を起こしたことに拍手を贈りたいです。

失敗したくない完璧な坊主頭へのオーダーに役立つ3つのポイント
坊主頭にするなんて簡単だ!って思っていませんか? 答えは、NOです。 実は簡単ではありません。 細かく突き詰めて坊主ス...

進化② 行動範囲が広がったこと

外出することが多くなり、天気をあまり心配しなくなりませんでしたか?

雨とか風とか、とにかく憂鬱だったはずです。好きな時に好きな場所に行けるし、徒歩をはじめ、どんな交通手段でも何の心配もありません。

進化③ スポーツ・旅行・趣味を思いっきり楽しめること

ハゲを理由に我慢してきたことがいくらでもあります。スポーツ・旅行は、あまり縁のないものと考えていました。

スポーツも旅行も頑張れば頑張る程、楽しめば楽しむ程、ハゲが露わになるから楽しむことなんてできませんでした。

坊主頭の今では、髪型の乱れなんてお構いなし、プールも温泉も大好きです!

進化⑤ オシャレをもう一度楽しもうと思えること

薄毛・ハゲに悩む前は、オシャレが好きでしたが、ハゲは進行する度に「どうせ似合わないからいいや」と諦めていたオシャレを気にするようになったことは、坊主頭の「見た目のイメージ」を払拭できる要素です。

薄毛から坊主スタイルの学ぶべきファッションは海外にあります
坊主にしたら人生終わりと思って、坊主スタイルを頑なに拒否し続けたのに、ところがドッコイ、坊主にしたら「もっと生きたい!」「もっと人生...

進化⑥ 髪型を気にしなくなったら仕事に集中できること

私だけかもしれませんが、ハゲを気にしているころは、あまり仕事に集中できませんでした。抜け毛を見つけるとそれが気になり、鏡を見たり、トイレに行って髪型を直したり、人と話していてもハゲが見えてるんじゃないか?影で噂されているのではないか?と心配ばかりしていました。

坊主にしたらその無駄な時間が0になるので当然、仕事に集中できます。

進化⑦ 体を鍛えてアスリート風の坊主スタイルを目指す

今までスポーツから逃げてきたなら、坊主頭になったのを機に健康維持を兼ねて、運動不足を解消しましょう。

ガリガリでもぽっちゃりでもなく、全体的に筋肉をつけて、アスリートのような坊主スタイルを目標にトレーニングをしています。

なぜ?あなたの坊主スタイルがかっこ悪いのかを1つだけ教えます
坊主スタイルがしっくりこないとお嘆きのあなたに、毎日カッコイイ坊主スタイルとは何なのかを考えている私があなたの坊主スタイルが何故、し...

結論!進化したあなたに一般的な坊主の「見た目問題」は当てはまらない

サラリーマンにおける坊主頭のネガティブなイメージ「見た目のイメージの問題」は解決できるか?の結論です。

薄毛・ハゲに悩んでいるあなたが、坊主頭になったとしても、ハゲに悩んでいる頃よりも、誰に強制されることなく、自然に身も心も充実した男性に生まれ変わっていけることに気付いていただけたと思います。

薄毛・ハゲを隠そうとして「髪」を必要以上に気にして、外出の時は天気を呪い、スポーツ・趣味や、ファッションに興味が薄れている状況にある人物と、坊主頭だが、スポーツ・趣味を全力で楽しみ、ファッションに気を使い、仕事に集中して、今後も進化を期待できる人物とでは、どちらが人生を楽しんでいると言えるでしょうか?

結論は、坊主頭になったとしても「進化」した・「進化」しようと努力をしている、魅力あふれる、あなたなら一般的な坊主頭のネガティブなイメージの「見た目のイメージの問題」は該当しないということです。

はやく、薄毛・ハゲの悩みを解決して「見た目のイメージ問題」に終止符をうちませんか?

スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ