スポンサーリンク

薄毛から坊主にして後悔したと泣きたくなったらこれを見て

坊主頭になって間もない頃、どうしても慣れなかったのは、一瞬にして場を緊張させてしまう我が坊主頭の凄まじいパワーと、人とすれ違う時に時々感じるこちらを追うような視線です。

これは、坊主頭になる前に感じた時の様な何かの拍子に「実は、○○さんめっちゃ頭薄かったんだ(驚き)」と場を凍りつかせてしまった緊張感や「薄毛・ハゲが気付かれてしまうかもしれない!こっちを見ないで」の時の視線とは全く違うものだとハッキリ言えます。

薄毛・ハゲの悩みを抱えてる時に感じる「視線」や「雰囲気」は相手から自分が受けるストレスですが、坊主スタイルは逆に、自分から相手に与えるプレッシャーです。

このようにストレスを感じてるのは、坊主スタイルにしたあなたや、私ではありません、むしろ、髪で悩む人たちや、仕事の関係等で坊主スタイルにしたくてもできない状況の方達に、ストレスを与えている存在の方が近いと言えます。

ハゲを隠しているのを見られている。に対し、坊主頭を見ている。の違いです。

薄毛・ハゲで悩んでいた頃に感じたストレスと勘違いしてはいけませんか?

坊主スタイルにして間もない頃の心境

坊主スタイルにした頃は、誰もこちらに興味なんか無いと分かっていても、薄毛・ハゲに悩んでいる時と同じように、誰かに見られている感覚は常に持っていました。

しかし、坊主頭に対して「違和感があってオカシイから見ている」という類のそれとは、あきらかに違うのですが視線は感じる時はあるのでそこは少しストレスでしたが、前記したようにそのストレスは、こちら(坊主スタイル)が与えたプレッシャーに対しての相手(周囲の人)が受けたストレスに対して、それを自分(坊主スタイル)へのプレッシャーだと勘違いして反応していたに過ぎないと1年後に気が付くのですが、坊主にスタイルにしたての頃は、このことに知る由もありませんでした。

坊主スタイルのプレッシャーは、髪に悩む人たちにストレスを与えている

坊主スタイルが接近すると髪に手をやる人が多い

「これから俺は坊主で生きていくんだ!」という決意が緊張感となって、近くの人達にまで伝わってる気がしてなりませんでした。

その緊張感が伝わっているかもしれないと感じる時は、坊主スタイルの私が接近すると、近くの人は自分の髪を触って確かめたくなる人が多いように思えます。

特に男性は、髪がフサフサであっても、襟足や、後頭部の髪に手をやって「俺はまだ大丈夫かな?」とか「俺も薄くなってきたんだよな~」とか「この人なんで坊主なのかな?」等の何かを確かめているそんな様子が見てとれます。

坊主スタイルにしたあなたや、私に嫌悪しているのではなく周囲の人が勝手にあなたや、私の坊主スタイルに動揺し、今後の髪の未来を自分に置き換えたりして少し混乱しているだけなので「坊主にしたら後悔する」と思いこまなくて大丈夫です。

坊主スタイルが接近すると目で追ってくる人がいる

何か通りすがりに視線を感じて「坊主頭が似合ってないのかな?」と不安になってしまう事が坊主スタイルになりたての頃にありがちな、誰もが気にしてしまうあの視線について考えてみましょう。

薄毛・ハゲから長年悩んだ末に、坊主スタイルにしてそろそろ一年が経とうとする私の経験と観察では、坊主スタイルの人を見ただけですぐに、「わっ坊主にしてる変な頭!」って思っていません。

あなたも、私も、生まれた時から、ハゲではないし、坊主スタイルではありませんでした。

積極的にしたい髪型では無かったけれど、これまでに、他人に坊主スタイルに対して、心の底から坊主スタイルを嫌悪したことは無いはずです。

また、少なからずハリウッドスターや、ファッションモデルや、アスリートまたは、漫画に出てくる登場人物で坊主スタイルが似合っている人をカッコいいなと思った事が一度や二度あるはずです。

髪が薄い人や、髪の悩みを抱えている人にとって坊主スタイルになるという選択を一度は考えた事があるはずです。通りすがりに感じるあの視線も、「俺が、坊主になったらどうなるのか?」をイメージしている中で起きるすれ違いざまの一瞬のアクシデントと思って坊主頭にしたことを必要以上に後悔することはありません。

坊主スタイルがくれたメリットだけを考えて生きましょう!
薄毛から坊主になって1か月の私が思う5つのメリット・デメリット
人は悩んでばかりいられないので仕事は仕事として、悩みは悩みとして同時進行で人生を生きねばならないのが辛い。 薄毛だからと言って...

どうしても坊主頭はミステリアスでレアな存在

坊主頭の歴史は遥か昔から現在まで長い年月を経て、世界中で途切れることなく続いている数少ない髪型だと思っています。子供からお年寄りまで坊主頭にしている人はいますが、お坊さんを始めとする少し神がかった特殊な髪型でもあるが故、一般のサラリーマンが世間体(営業職や、接客業で坊主頭はイメージが悪いと言われていること)を無視して坊主スタイルにいる事は、フサフサヘアで普通に暮らしている人から見れば、ミステリアスでレアな存在に感じるの仕方がない事です。

そのミステリアスでレアが故に、じっくり観察したくなる人がいる事を十分に認識していなかったので、その視線に私達は恐れていたことになります。

薄毛サラリーマンの坊主スタイルは本当にタブーなのか?
坊主スタイルにしたくてもなかなか踏みだせないそこのあなた、今日はサラリーマンが坊主になることについて考えてみましょう。 私もあ...
もう後悔しなくていい「坊主からの使者」が必ずあなたを導くから
気のせいか最近、坊主スタイルの方を多く見かけるようになりました。これからの季節だんだん蒸し暑くなってくるからでしょうか?スーツ姿の坊...

薄毛・ハゲで悩んでいる人にとっては坊主の人と会う度に決断を迫られる

坊主にした頃に感じていた周囲からの視線は、相手が私達を観察していることが分かりました。

薄毛・ハゲに悩んで坊主にした私達は「ハゲを隠すのではなく、出す」ということを、あっさりとやってのけ、軽く一線を越えてしまった勇者と言える存在なので、同じくリアルタイムで薄毛・ハゲに悩んで「いっそのこと坊主にしてみようかな?」と考えている人にとっては、自分よりも、一足先に坊主スタイルになったあなたをある意味、街中でランボルギーニを見かけるくらいじっくりと観察してみたいと思っているかもしれません。

1mm坊主にしてハゲ丸出しなのに目立たないって理解するのは難しい
坊主になって5か月目になりました。とうとう私も6mm、3mmと来て1mm坊主に到達いたしました。 たった2mmの変化ですが、な...

まとめ

誰でも、坊主スタイルに慣れるまでには少し時間がかかります。思い起こせば、薄毛・ハゲから坊mmの坊主になった時は「もう隠さなくていいんだ」と思うとホッとしました。

しかし今度は、坊主そのものが似合っているのか不安になります。何故だか誰かに警戒されているような、見られているような、そんな気さえしてきます。

誰もが通る道だと思ってきました。

坊主スタイルにして1年を迎えようとして、坊主スタイルの事を一年中考える中で、この不安は私達、坊主スタイルにした人が感じる不安ではなく、坊主スタイルにした人が目の前にいる中で、今まさに髪の問題や、将来の髪の状況に恐怖を感じている人が発するストレスが私達に伝わっているに過ぎないのです。

それは私達の問題ではなく、相手の抱えている問題です。

ですから坊主スタイルにして「似合わないと思われているかも?」なんて悩んだり、後悔したりするのは、もうやめにしませんか?

スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ