スポンサーリンク

坊主にするか悩んでいるなら「薄毛・ハゲの坊主用語」を理解しよう

このブログ内で”坊主”を表現するときに「坊主」「坊主頭」「坊主スタイル」「ハゲ・薄毛からの坊主」「フサフサヘアーからの坊主」といろいろな単語が飛び交います。

”坊主”一つとっても様々なシーンで大きく意味が異なります。

その為、”坊主”に対しての誤解が一般的に浸透しているように思えます。

  • 「坊主=最悪」
  • 「坊主=この世の終わり」
  • 「坊主=女性にモテない」
  • 「坊主=サラリーマンはダメ」

このように誰もが、”坊主”を恐れるがあまり、ハゲ・薄毛における精神的な苦痛を継続して対策を見いだせないでいます。

  • 「バーコードへア=いたしかたない>坊主にするよりもマシ」
  • 「ハゲ散らかしても=いたしかたない>坊主になるなんてムリ」

のように、”坊主”という単語について薄毛・ハゲのサラリーマンの大多数が思っている誤解を、今回は”坊主”にまつわる単語の意味を細分化して理解していただけたらと思います。

”坊主”と聞くだけで拒否反応を起こしていませんか?

私も坊主頭になる前は、薄毛・ハゲに悩んでいたのにもかかわらず、”坊主”にだけはなりたくない!と頑なに思っていました。

学生の頃から、嫌いな髪型ナンバーワンでしたので、坊主にだけはしたくありませんでした。坊主になりたくない理由を最優先して、部活や学校を決めていました。

坊主に対して「強制・規則」というイメージが先行してどうしても受け入れがたい髪型が坊主という髪型でした。

そのイメージは大人になってさらに大きくなり、坊主にしてしまったら「女の子にモテない」「ファッションを楽しめない」「社会的に見て坊主がおかしい」とハゲが進行しても限界まで我慢してきた結果、失ってきたものの大きさに後悔している今日この頃です。

それは何故か!

薄毛・ハゲに悩む人には分かる心の辞書を引いてみましょう。

このブログに頻繁に登場する用語解説(基本編)

まずは、坊主スタイルを良く知るための基本編です。

”坊主”の細かなニュアンスを知ることで、坊主への恐怖を和らげることができます。

あなたが「薄毛・ハゲからの坊主」であれば、そんなに恐れることは無いかもしれません。


【用語】

坊主

【解説】

このブログでは、大人も、子供も、女性も、薄毛・ハゲの人も、円形脱毛症の人も、フサフサヘアーの人も、オシャレな人も、特殊な職業の人も、全てひっくるめて頭を丸刈りにした状態のこと。

”坊主”の悲しい歴史やイメージ(強制的・罪人・戦争・校則・思想)によって”坊主”と聞くだけで嫌悪感を持つ人が多い。

この為、薄毛・ハゲに悩んでいる人が簡単に坊主頭にできないのは、反社会的な人物に思われないか?

を気にするあまり「坊主頭にだけはなりたくない」という心理が働き、どんなにハゲを悩んでいても坊主頭への決断が鈍ります。

【例文】

  • 坊主はお客様を威圧してしまうので好ましくない。
  • 営業職で坊主はタブーです。

【参考】


【用語】

坊主スタイル

【解説】

薄毛・ハゲから勇気を出して坊主頭にした人達の豊かな「坊主生活」のことです。

”坊主”でも”坊主頭”でもない「坊主スタイル」という言葉を気に入ってこのブログでは頻繁に登場します。

”坊主”と聞いて恐れていたイメージを振り払い、同じハゲに悩んだ末に坊主頭にしている経験者からの情報を参考に、ハゲ散らかしていた髪を捨てて、坊主頭となって新たな人生をスタートしたライフスタイル。

【例文】

  • 今までできなかった、スポーツや、温泉旅行など坊主スタイルを満喫しています。
  • 坊主スタイルに合うファッションを勉強中です。

【参考】

時期が来たので「坊主にしただけじゃもったいない」を語ります
実は、「坊主にしただけじゃもったいない」って最近特に感じるんです。薄毛・ハゲの悩みのどん底から救ってくれたのは、紛れもなく「坊主スタ...

【用語】

薄毛・ハゲからの坊主

【解説】

”坊主”がもつ負のイメージを唯一無効にできる大義名分。

特殊な職業の人がさらに迫力をパワーアップさせる為に坊主頭にする為や、野球部に入部する際に、半ば強制的に坊主頭になるのではなく、罪人の証しや、何かのミスを坊主にすることで責任を取らされたりする従来の規則や、古い習慣は、”坊主”のイメージを貶めています。

それとは、全く違う解釈が「薄毛・ハゲからの坊主」です。

一見、何一つ変わって無い様に思えますが、とてもポジティブに変化しているので説明します。

薄毛・ハゲに悩んでいることの対策として、残った髪を駆使して少し滑稽な髪型でハゲを隠していました。

私達が、必死にハゲを隠していることを、ほとんどの人には気が付かれていた筈です。

敢えてそれを他人は口にしません。

もしかしたら、陰で笑われていたかもしれません。

自ら髪を捨ててこの状況を打破することによって、ハゲ散らかしていた頃よりも清潔感が出せているはずです。

また「ハゲを隠す」悩みが緩和されることにより精神的にもプラスの作用が働くことも忘れてはいけません。

このように、「坊主=強制・罪人・社会不適合・威圧感」と言った、一般的に知られるネガティブイメージを「薄毛・ハゲからの坊主」だけがポジティブな要素をもつ「坊主」と言える理由です。

私達、薄毛・ハゲに悩んだ挙句に坊主頭にしたのなら、それが大義名分(言い訳)となり「サラリーマンで坊主はタブー」を適用されない免罪府が「薄毛・ハゲからの坊主」です。

【例文】

  • 「薄毛・ハゲからの坊主」の事は誰もが知っているので責めたりはしない。
  • 「薄毛・ハゲからの坊主」は小まめにバリカンで刈らないと逆にハゲが目立ちます。

【参考】

坊主にしてる私がそっと教える「失敗しない最初のバリカン選び」の話
坊主スタイルにしたら必ず欲しくなるのは相棒です。あなたに必要な相棒はこの場合、友達や、恋人ではありませんよ、相棒とはもちろんバリカンの事...

【用語】

フサフサヘアーからの坊主

【解説】

薄毛・ハゲでもない、フサフサヘアーの人が衝動的に坊主頭にすること。

この場合、賛否両論あります。

そもそも、髪がフサフサなのに、坊主頭にする意味がわからない?とか、彼女からガッカリされたとか、会社で上司に注意された等、それをキッカケに坊主スタイルをやめて、必死に髪を伸ばそうとする例が後を絶ちません。

【例文】

  • 前の方が似合っていたのに、なぜ坊主にしたの?
  • 坊主にして失敗したね。
  • 「薄毛・ハゲからの坊主」が「フサフサヘアーからの坊主」と比べても意味がない。

【参考】

フサフサヘアの悩みを俺たちも悩んでいたら一生坊主になれない
ようこそ坊主の世界へ 薄毛で悩み、もがき苦しみこのまま地肌の面積が増え砂漠化していくことの恐怖から逃れることはできないと真剣に...

【用語】

オシャレ坊主

【解説】

オシャレ坊主とは、私たち「薄毛・ハゲからの坊主」と全く違う坊主の事なので注意が必要です。

ネットで「オシャレ坊主カタログ」とか「薄毛の方必見オシャレ坊主特集」を見て、スゲェーって、飛びついても、ほとんど私達のように薄毛・ハゲに悩んでいる人が参考に出来る髪型など何一つありません。

なぜなら、どのモデルを見てもフサフサヘアーで坊主と呼べるほど短くカットしていません。そもそも、私達にはアレンジできる髪がありません!

【例文】

  • サイド&バックは短く、トップから後頭部にかけて長さを残すようにカット。オシャレ坊主の定番と言える人気ヘアです。
  • サイドとバックを刈り上げて、トップは少しアシンメトリーにカット。流線的な毛流れがこなれ感を演出してくれます。スタイリングを変えるだけでON・OFF可能なのもオシャレ坊主のうれしい。

【参考】


【用語】

坊主ブルー

【解説】

薄毛・ハゲに悩んだ挙句に思い切って坊主にしたが、何だかとても似合っていないような気がして坊主頭にしたことを後悔すること。

薄毛・ハゲから坊主にしたけれど「誰も似合ってるって言ってくれない」「無視されているような気がする」等、坊主頭にした勇気を気遣ってくれないことで急に不安に襲われることがあります。

対策としては、「気にしすぎない」「承認欲求を捨てる」ことで、自分が「薄毛・ハゲからの坊主」なんだと受け入れること。

【例文】

  • 坊主にした言い訳を考えたのに、だれも坊主の事を触れてこないぞ・・・何か不安。
  • ハゲを隠す髪がなくなって丸出しだから、今までカツラだと勘違いしていないか?

【参考】

坊主頭になったサラリーマン必見!世間の荒波を生き抜く3つのコツ
実は、坊主スタイルの「サラリーマン生活」ってちょっとしたコツがいるんです。薄毛・ハゲからの坊主になった場合はこのコツは必見です。 ...
大人の坊主スタイルは「坊主ブルー」を乗り越えて完成する
突然ですが、「坊主ブルー」って知ってますか? あなたは、今きっと「坊主ブルー」ですよね。このまま坊主にするべきか?何ミリで刈ろ...

まとめ

もう少し、早く用語集を作っておくべきでしたが、今となってしまいました。

それも、坊主頭になる前に、ハゲで悩んでいた頃と、坊主頭になってから感じる様々な事が、「ハゲ」と「坊主」の2つの単語だけを天秤にかけて悩んでいるだけで答えを出せないまま、時間を無駄に使ってしまいました。

もし、あなたが薄毛・ハゲに悩んでいるなら「ハゲ」「坊主」を細分化して考えてみてはいかでしょうか?

「ハゲ」の別な一面や「坊主」のメリット・デメリットが明確に分かるヒントになっていただければ幸いです。

スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ