スポンサーリンク

坊主スタイルのファッションは大胆に流行を取り入れる事で完成する

今回は、坊主スタイルにした直後のあなたが感じている「物足りなさ」とは何なのか?についてファッションの話を交えて考えてみたいと思います。

これから坊主スタイルにしようかなぁ~と考えているあなたにも参考にしてください。

あなたも、私も、渋々坊主スタイルにしました。

その時の事を振り返って、そもそもの理由を思い出してください。

こんな感じではなかったでしょうか?

最初は、薄毛が進行してハゲが目立ってきたので、仕方なく残っている髪の毛でハゲが見えないようにカバーしょうとしたのです。

しかし、思い通りにハゲをカバーしきれなかった為に、強引に髪を前に持って来たり、分け目を、もっと横にしてみたりと涙ぐましい努力で頑張ってきました。

その結果、不幸な事に余計に変な髪型になってしまい、滑稽さに火に油を注いでしまっている事を自覚してしまったから、あなたの心に限界がきて坊主スタイルになったということで間違いないですよね?

「心が限界になったこと」それが功を奏して、思い切って坊主スタイルにしてみたら、なんと今までストレスを感じていた悩みのほとんどが不思議なことに消えた事は、ここ最近のビッグニュースでした!

喜んでいたのもつかの間、一方で会社の同僚には「アイツはハゲだから坊主した」と思われても、今までの事情を知っているのですから仕方ないでしょう。(実際バレているはずですし。)

しかし、いつまでもそんなレッテルを貼られっぱなしでは当然、面白くありません。

大袈裟かも知れませんが、薄毛・ハゲで悩んでいたころのあの不自由さに比べたら「生まれ変わった」くらいのパワーを授かったはずなのです!

でも、なんかしっくり来ないのは何故なのでしょうか?

坊主スタイルに満たされないピースとは

薄毛・ハゲで悩んでいた頃からの悪い癖で、他人の目を気にし過ぎる傾向が十数年もの間にすっかり染み付いてしまい、悪しき習慣となってしまっています。

そんな悪習が身についたのは、私だけでしょうか?

坊主スタイルにしてからというもの、どことなく居場所がないように感じるアウェイ感。

「薄毛・ハゲだから刈る」という大義名分があったとしても、なかなかやろうと思ってもできない髪型が坊主スタイルです。

その高い壁を乗り越えることができたある意味(選ばれたくなかったけど)選ばれし者のレアなヘアスタイルなのです。

勇気を振り絞って手に入れた坊主スタイルと仲良く手を取り合えるまで、この満たされないピースが何かを、あなたと一緒に様々な角度から考えていきたいです。

ただの坊主の人じゃつまらない

坊主スタイルにして間もない頃は「薄毛・ハゲを隠そうとしている事を他人から変に思われているかもしれない?」というストレスからの離脱に成功した筈でした。

これについては間違いなく大成功です。

あれ程、薄毛・ハゲを見られたくなかった周りの人たちから、今度は逆に坊主スタイルの私を「見てはいけない」「腫物に触るような」そんな雰囲気を感じる事がありました。

「ハゲから坊主にした、可哀そうなただの坊主」「本当は今までカツラだったのかな?」に思われているなら、何だかとても心外です。

こうやって、勝手に腹が立って自ら居場所をなくしてしまうような、こんな考えも、私の悪い癖の一つ「承認欲求」を求め過ぎるが故に、他人の目ばかり気にし過ぎてしまう。

この承認欲求が強いと生き辛くなるのは、何度も経験してきたのに反省です。アドラー心理学の本を読んで腑に落ちたのに再度読み返さないといけませんね。

アドラー心理学はなぜ薄毛で悩む必要がないかを簡単に教えてくれる
坊主になって4か月の私も、薄毛であること(ハゲであること)に基本的に変わりがないのに、坊主に関するブログの記事を書くようになるなんて...

これから坊主スタイルにしょうとお考えのあなたには、冒頭の書き出しに「めっちゃ、後悔してるじゃん!」と思うようなショッキングなエピソードですが、さかのぼる事、半年前に突然の坊主登場に動揺したオフィスも、今では平穏を取り戻し平常運転ですのでご安心ください。

坊主頭のネガティブなイメージが邪魔をする

まさか自分が坊主になるとは思っていなかったので、薄毛・ハゲで悩んでいた時も他人事でした。

髪型として坊主頭だけは、絶対したくないヘアスタイルでしたので、毎週、坊主頭の事についてブログを書けるまでになった今では、坊主スタイルに対しての理解は相当なものです。

世間の坊主のネガテイブイメージを信用してはいけない

  • 何かの罰?
  • 怖い人たち
  • モテない
  • 若者に人気の髪型ランキング外
  • ハゲの終着駅

ハゲの終着駅なんて考えるから悩み続けちゃうんですよ。終着駅じゃなくて、新しい人生の始発駅だと言うことを多くのハゲで悩んでいる人は気が付かないのです。

私も終着駅って思ってました。

でも本当に違います。やりたい事が次々に思いうかんでどこから手をつけようかなって考えるのがまた楽しいのです。

坊主なったら「はい終了」じゃないぞ!その後のワクワクにマジで驚く
坊主になると、薄毛で悩んでいた事のストレスが嘘のように軽減されます。 坊主スタイルという髪型を選択すると、思いもよらない事にいろい...

だからオシャレを楽しもう

坊主スタイルは、ハゲの終着駅じゃないことは、坊主スタイルにした私たちが、どんどん楽しまないとこれから坊主スタイルにするかも知れないあなたに、分かってもらえないですから、色々と楽しい事はないかなぁ~って考えてみましょう。

ただ坊主にすると、なんか髪というパーツが無くなった分、物足りなく感じます。この物足りなさを何でカバーするかが大事になってきます。

今まで、着てきた物、持っていた物をどうやって選んできたかを思いだしてください。

全身を上から下までイメージして選んだものが、今あなたが所持しているファッションアイテムです。

坊主スタイル専用に全てのオシャレを考え直す

でも今は、坊主スタイルにした結果、髪というパーツが無くなって、顔のシルエットはとてもシンプルな形に変わりました。似顔絵のイラストが描きやすい誰もが丸い形です。

当然、ファッションアイテムの選び方も坊主スタイルを含めたトータルなファッションアイテムのセレクトが必要になってくるのです。

新しい物を取り入れる等して、坊主スタイル専用にもう一度全てのオシャレを考える事をオススメします。

これを怠ると「何かが足りない」「カッコ悪い」「こんなハズじゃ無かった」と自分自身が感じるのだということがわかりました。

坊主スタイルだからこそ最先端を取り入れていい

いい年して流行なんかを追いかけるなんてできるかい!と、お思いになる方多いと思います。それは、薄毛・ハゲで悩んでいる方や、坊主スタイルにしたばかりのニューフェイスの方の考えです。

私も薄毛・ハゲで悩んでいた頃(髪があった頃)は、流行のファッションアイテムを手に入れようと何度も試みましたがなんだか似合わないので、薄毛・ハゲに似合う流行アイテムなど存在しないと勝手に思い込み当たり障りのない買い物にとどまっていました。

さらに坊主スタイルして間もない頃は、ファッションとは関係ない世界に行ってしまったと思っていたので、薄毛・ハゲに悩んでいた頃の当たり障りのないファッションと坊主スタイルの相性が良いはずもなく、それはオシャレとは程遠い組合せでした。

坊主にしてから7か月の間ずっと、それに気が付かずに坊主スタイルがなんだか「パッとしない」「野暮ったい」「お坊さんぽい」と感じていたので、何だかファッションに関しては気分は下降気味でした。

欠けていたピースが判明しました、坊主に必要なのは流行

薄毛・ハゲで悩んでいた頃や、坊主スタイルにした今も、流行やちょっとイカシタお兄さんのスタイルや、渋いオジサン達のようなスタイルとか、そう雑誌でいうとLEONとか、全く自分とは関係ないものと思っていませんでしたか?ハイ、私も思いっきり思ってました。

LEONに出てくるスナップの坊主スタイル・スキンヘッドのオジサン達カッコいいです。

ぜんぜんショボくれてません!

何も着ても似合わないと思うと、やる気が失せます。また、坊主スタイルになり立ての頃も、薄毛・ハゲを隠していたあの「おかしな髪型」を毎日作らないで良いと思うだけで満足でしたので、ファッションについて深く考えていませんでした。

しかし、時が経ち髪の長さも6mmから海老蔵さんが採用している長さ3mm(現在は1mm)にしたあたりから坊主スタイルに似合うファッションは何だろう?と考えるようになったのですが、すぐに答えがみつからず、坊主後の物足りなさに悶々としていました。

流行を追ったのに何故か?嫌みがない

メガネの記事を書いた時に、「お坊さんに見えないように、お坊さんがかけないようなメガネを選ぼう!」と書きました。

早速、都内のメガネ屋さんを覗いてお坊さんが、かけていなさそうなカッコいい流行のメガネを探してみました。

坊主にしたら今までのメガネが似合わないのは何故かを考えてみる
あなたも坊主にする前は、坊主頭ではない髪型であったわけで、その髪型に合わせたファッションを決めていたと思います。しかし坊主にしてみた...
候補にあげたのはこの3つのメガネ

JINSボールド&コンビネーションアセ―トヴィンテージ

JINSの店員さんに売れているメガネはどれですか?と聞いたところ「今はクラッシックなタイプが人気です。」と答えてくれたので、クラッシックタイプのコーナーにへばりついて試着をしてみました。

今までかけていた、黒縁の太めのセルフレームも決して流行おくれのダメなメガネではないのですが、今回のお買い物は、坊主スタイルに流行を取り入れるがテーマですのであくまで、フサフサヘアの若者がかけるようなメガネを買うのが目的です。

現在JINSのオンラインショップでもこのタイプのこの色は欠品中でしたので人気の高さがうかがえます。

2つ目のメガネです。同じくJINSのクラシックタイプのメガネで、試着をしている私の横にいた、女の子が「これカワイイ」と男の子に話していたのに敏感に反応して早速試着。

JINSボールド&コンビネーションアセ―ト

横から見るとメタル部分が多く使われているのがわかると思います。この隠れたオシャレがいいと思ってこれも何度も試着しました。

本当に目が悪い人がメガネを買いに行くと当然試着のメガネには度が入っていないので、全く見えないから、メガネを試着して似合うかな~って見る時に、顔と鏡が近すぎてカッコ悪いんですよね。

購入して実際に度を入れてもらったメガネをかけて改めて鏡を見ると、こんなはずじゃ無かった!っていうパターン結構あるので、念入りに試着するわけです。

 出典 JINS

この形もJINSの中ではクラッシックモデルで現在欠品中の人気商品です。このメガネはリムにメタルを挟み込んだコンビネーションフレームがカッコいいと思ったので第二候補です。

昔からしたらとても買いやすくなったメガネとは言え、今回、候補に上がったこの2つのJINSの価格は¥12000(税別)です。質感もシッカリしていて大変悩みました。

参考いつもお世話になってますJINS

迷いに迷って、お坊さんがかけないようなメガネをゲット

候補にあがった、JINSの2つのメガネもすごく良かったのですが、正面から見て、細かな細工はすごくオシャレでお気に入りのポイントでしたが、色がシルバーの部分が少しと、ブラックが多めなので、今までのメガネと変化が少ないかな?と思っていました。

そもそも、今までとは違う自分になろう!が今回のコンセプトです。ブレてはいけません。

日を改めて仕事の合間に、訪問先の近くのメガネ屋さんに立ち寄り試着をしていたら、すごく渋い感じで声がいい、メガネの似合う店員さんが、さりげなく私に言いました「メタルとセルが融合したセル・メタルのクラシックなタイプのメガネが人気なんですよ~」と声をかけられ、すぐに買ってしまいました!

やはり、専門家からのアドバイスに弱いです。

坊主スタイルのメガネ選びは「お坊さんがかけない」「流行を取り入れる」を最後まで貫くことができて、今までとは違う自分に出会えて満足です。

ネットで画像を検索できず、自分のメガネを自宅でiPhoneで撮りました。

新宿駅の小田急百貨店のクーレンズで買ったクーレンズ 

COL.1BK CL3030(私物)

583478CE-CC72-4644-9315-DA4EB73D8833

候補にあがったJINSの2つの良い点を一つにまとめた感じのメガネです。正面から見て鼻がかかるブリッジの部分とテンプルはメタルでゴールド。ブリッジを止める左右2つのビスがアクセントになっています。

価格は¥8750(税別)で3つの中では一番リーズナブルだったのも購入の決め手となりました。

薄毛・ハゲで悩んでいた時にも、メガネは好きで多少は流行を意識してきたつもりでしたが、多くの若者がしているようなデザインは、オジサンにはチョットハードル高そうかな?と感じて選考から除外して手に取らずにきました。

坊主スタイルは流行を取り入れても嫌味にならないから不思議

JINSもクーレンズの店員さん一押しのクラッシックタイプは、若いカップルが楽しそうに試着していましたし、街中でもおしゃれを楽しむ若い男女に人気のあるメガネは、クラッシクタイプが多いなと気になっていました。

とは、言うものの薄毛・ハゲで悩んでいる、いい年のおっさんがこの手のメガネは似合わない!と自分で頑なに決めつけていました。

今回坊主スタイルにしたからこそ、いろんな店で堂々とメガネの試着ができました。昔のようなハゲを隠していたおかしな髪型だったら人目を気にして若いカップルの横で鏡に顔を近づけて試着なんてできなかったかもしれません。

薄毛・ハゲで悩んでいた頃は、当たり前の事をためらい、行動も起こせなかった消極的な人間になっていたのです。

誰もが、フサフサヘアで素晴らしい青春時代を過ごして来たからこそ、感じる現在の消極的な自分の思考とのギャップが余計に心を苦しくさせるのです。

たかがメガネですが、流行を取り入れるという挑戦ができたことは、ファッションの事のみならず一歩前進できたかと感じます。

オジサンなのに流行を取り入れたり、センスのいい人達の真似をしても嫌味がないのは、髪がないシンプルなシルエットが、この人どんな人?的な先入観を与えないからだと推測します。

(坊主の私の嫉妬心も含まれてます)一般的に髪型も流行、洋服も流行、何から何まで流行を取り入れてるメンズはどこか軽い感じの印象を作ってしまいがちです。

ところが、髪はハゲてしまったから坊主スタイル、洋服は流行を取り入れ、遊び心も忘れないメンズは、軽いというよりは、渋い感じですよね♪

髪があれば人は、髪を整えます。その髪型や、髪の色で、趣味・趣向を伺い知る事ができますよね。あくまで内面ではなく外見の話です。

坊主スタイルは髪が無い事でファッションアイテム自体を際立たせる効果が高いことがわかりました。

オシャレなショップのマネキンはだいたい坊主スタイルだと思いませんか!坊主スタイルはマネキンのように、どんな大胆に流行を取り入れたファッションアイテムでも嫌味がなく人々に見せることができる唯一の髪型かもしれないという結論に達しました。

まとめ

坊主スタイルになって7か月が経ちますが「やっぱり坊主スタイルにして良かったな」と思います。何と言っても、これがありのままの自分です。

ハゲのままでいる人は本当にたくさんいても、大人で(ハゲだった人が)坊主スタイルの人は圧倒的に少ないですし、確かに坊主スタイルは社会的には、オジサンぽくハゲている人に比べて肩身が狭いような気がします。

でも、迷いに迷った挙句、この坊主スタイルを自分で選択したんです。もう「悩んだり」「我慢したり」「隠そうとしたり」「恥ずかしい」と思ったりしたくないから。

今も、他人にどう思われているかわからないけど「坊主スタイルを選択」できた事に大きな意味があったと思っています。

今回のメガネや、先日買ったライダースジャケットもそうですが、これは間違いなく「着てみたいから」「カッコいいと思ったから」買いました。

誰かから「似合わないよ」「変だよ」と思われないかな~って考えて、結局買わないっていう、薄毛・ハゲをひたすら隠していたころの発想が湧いてこなかったところが、妙に感慨深い事だし、これからもポジティブにいろいろなことを、しっかりと自ら選択して生きていけそうな気がした坊主スタイルにして7か月目の経過報告でした。

スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ