スポンサーリンク

薄毛・ハゲからの坊主は確実にモテないがそれは「後悔」とは言わない

最近、スマホで「ハゲ・薄毛・坊主」を検索したり、文字を打ち込んだりしていることが多くなるもんだから、iPhoneにインストールしたGoogleアプリの「おすすめ記事」は学習機能をフルに発揮して、ハゲ・薄毛にまつわる記事でいっぱいです。

自然にハゲ・薄毛情報を手に入れる事ができるのですが、そのおすすめ記事の中で「坊主にしたら後悔した」って記事を見つけましたので気になっていたのです。

フサフサヘアのあなたも、坊主スタイルを考えている、薄毛・ハゲに悩むあなたも「後悔」について一緒に考えてみませんか?

坊主スタイルにして後悔する人は多い

坊主スタイルにしたはいいけど「まったく女の子にモテなくなったので、早く髪がのびるようにたっぷり育毛剤つけてます」って、めちゃめちゃ後悔しているじゃないですか?

やっぱりモテなくなったということが「後悔」の原因の大半をしめているようですが、どうやら、この内容から薄毛・ハゲで悩んでいた様子はなさそうです。この方はフサフサヘアの人が衝動的に坊主スタイルにしてしまい後悔しているようです。

坊主にするかしないかを考えに考え抜いて、もはや行き場のなくなった、薄毛・ハゲからの坊主スタイルの人でさえ坊主になった直後は、いろいろ葛藤するというのに、フサフサヘアの人が衝動的に丸刈りの坊主になり「モテる・モテない」を基準にして成功か失敗かを判断するとしたら、きっと前よりもモテないと思うので失敗でしょう。

衝動的に丸刈りの坊主スタイルになってはいけない

軽い気持ちで坊主にするとヤケドします

とくに薄毛・ハゲに悩み抜いたわけでもなく、フサフサヘアのあなたが丸刈りの坊主スタイルになろうと思っているならあまりオススメしません。

モテるモテないでいえば、一部のマニアを除いて、一般的に確実にモテないと思います。フサフサヘアで流行の髪型でいる方が断然、女の子にはモテます。

坊主の男性から、積極的にアプローチしないかぎり、女性からしてみれば、やっぱり坊主スタイルは、女性からは近寄り難い(丸刈りの坊主という、外見として友達に自慢できるような恋愛の対象から外れている)という雰囲気はあると思います。

モテたいなら、フサフサの恵まれたヘア人生を捨てて、何でわざわざ女の子から人気の少ない丸刈りの坊主スタイルにしたんだっていう話で、私のように、薄毛・ハゲから仕方なく丸刈りの坊主スタイルにした人からしてみれば、意味不明です。

仮に、後悔しても数か月で元のフサフサヘアに戻れるのだから羨ましい限りです。私のように薄毛・ハゲから坊主スタイルになったならもう後には戻れない片道切符の旅が始まってしまっているのですから。(楽しい旅になりそうです)

坊主なったら「はい終了」じゃないぞ!その後のワクワクにマジで驚く
坊主になると、薄毛で悩んでいた事のストレスが嘘のように軽減されます。 坊主スタイルという髪型を選択すると、思いもよらない事にいろい...
自らモテない坊主ヘアを選んだのだから後悔しないで伸びるまでガマン

iPhoneにインストールしたGoogleアプリの「おすすめ記事」で、女性で坊主頭になった方の記事も見ましたが、やはり男性から全く声がかからなくなったようで、早く髪が伸びて欲しいようです。少し後悔していそうです。

男女とも坊主スタイルにすると「モテなくなる」という結果から、坊主になる理由が明確にない人は、わざわざ坊主スタイルにしない方がいいと言えます。

坊主好きの女性がいると言っても、バーコードヘア・超ロン毛と坊主スタイルならどっちがいいですか?の問に、まだ坊主スタイルの方が清潔ぽくっていいと言っている女性が多いという意味で、フサフサのごく普通の髪型VS坊主スタイルだったら坊主スタイルの負けは明白ですので、この世にバーコードの人しか居なかったら我が、坊主スタイル軍は大勝利なのですが、相手がフサフサヘアのイカした髪型が相手では「モテない」のです。

薄毛について女性に相談したら坊主がもっと評価されるべき3つのアンケート結果
薄毛で悩み、毎日が辛い方がこのブログを見なくなる卒業の日が、今日やってきそうです。あれほど、迷っていた薄毛の人の「髪型問題」に終止符...

坊主にしたら顔の輪郭も頭の形も露わになりますし、全てをさらけ出して生きる感覚はかなりの慣れが必要になります。

衝動的に坊主になったあなたでも、坊主になった理由を、知り合いに同じ説明を毎回するのもストレスでしょうし、相手があなたに気を使って、坊主にしたの理由を敢えて聞いてくることをしないかもしれません。

誰も、何も聞いてこない、触れてこない場合も「無視されているのでは?」等と思い、人気がなくなったような感覚にとらわれ「モテなくなった」と錯覚してストレスを感じる事もあるでしょう。

薄毛・ハゲから丸刈りの坊主スタイルになった人は、被害妄想(思い違い)の部分もあると思いますが、他人が「ハゲを見ているのではないか?」「見えちゃっているのではないか?」「陰で笑っているのではないか?」等と、他人の目線ばがり気にしてました。

実は、坊主にしたことで周囲(通りすがりの他人も含む)からから注目されなくなった今、「透明人間」になったかのような、誰からも忘れさられたかのような感覚に安らぎすら感じているのです。

坊主スタイルになって「モテなくていい」と思えるのは薄毛・ハゲに悩んで行き場を失くし、覚悟を決めて決断した勇者だけです。

ある意味、覚悟のようなものが必要な髪型が丸刈りの坊主スタイルと言えるでしょう。

坊主になる覚悟ができて坊主にしてしまったらモテるとか忘れる

薄毛・ハゲに悩む人で坊主スタイルを考えている人の多くは、私がそうだったように今のハゲを隠す髪型に疲れ、もうこれ以上ハゲを隠すのが辛くなった人が大半です。

薄毛・ハゲで悩みながらも坊主になる前の方が、モテたくてモテたくてしかたがありませんでした。だから必死で髪型を作り上げ、風で髪が乱れないかを恐れたり、女の子の視線を気にしては、ことある事に顔が映るもので髪型の状態を確認してたくらいギラギラでした。

それなのに丸刈りの坊主スタイルにして1年も経つと女の子にモテようという気にならないのです。でもファッションとか体を鍛えたりして対外的にはアピールしているのですが、そのエネルギーを誰に向けている訳でもなく「自己満足」でいいと思っています。

そんな自己満足の最中に、出会いがあればラッキーですし、外見ではなく、あなたの本質を愛してくれる人に出会えたことになるのです。

女性に人気の恋愛ドラマの主人公で丸刈りの坊主はいない

女性に人気のある恋愛ドラマに坊主頭の主人公はいません。ましてや、ベースが薄毛・ハゲからの坊主頭の主人公では視聴率はとれないでしょう。

丸刈りの坊主頭は一部のマニア以外の一般女性にとって「ときめく」要素は入っていません。モテたければ敢えて坊主スタイルになる必要もなく、植毛したりカツラを被ればよいのです。

カツラや、植毛を選択しなかった時点で、薄毛・ハゲから坊主スタイルした私達は、あれだけモテたかったにもかかわらず、髪を自ら捨てることによって「別にモテなくてもいいと思えるような」別次元に行ってしまったのです。

「ど~せ、もてるわけない」というあきらめの部分もあると思いますが、モテることが重要でないことを坊主スタイルにして数か月も過ごすと感じるのです。

つまり、「ときめかない女」と「モテようと思ってない薄毛・ハゲからの坊主の男」は平行線をたどり、そこには何もありません。

坊主スタイルにして「モテないこと」にさほどの後悔はありません。

「モテ」を基準にして衝動的なら後悔、覚悟を決めてからの坊主スタイルなら後悔しない

あとがき

坊主スタイルにして1年が経過して、坊主にした直後に「坊主とは?」と感じることと、半年が経って「坊主とは?」と感じる事が違うように、今、現在感じる坊主に関する様々な事がより明確に説明することができるようになりました。

坊主スタイルの生活が2年・3年と経てばもっと「坊主とは?」を知る事ができると思います。

薄毛・ハゲから坊主スタイルになることの決断は、フサフサヘアの人が衝動的に「坊主にしたいな~」と思うような生半可な決断ではないことは身を持って経験しています。

そして、坊主スタイルになっても最近まで「坊主スタイルの自分と仲良くなる」ことは決して簡単な事ではなかったですが、色々な側面から試行錯誤したことで坊主スタイルが自分に染みついてきている感覚があります。

私は、この感覚を掴むまで約1年近くかかりましたが、もっと「薄毛・ハゲに悩まずに生きる」を上手に説明できたら、誰も苦しまずに毎日を過ごすことができると感じています。

スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ