スポンサーリンク

坊主にした後の苦悩と絶大なパワーはヒーローのそれと似ている

坊主スタイルへの「変身」に対しての恐怖感はとてつもなく大きい。髪が少なくて困っているところに、さらに坊主にして髪を捨ててしまうと言う逆転の発想にあなたは思考が付いていきませんよね。

こんなにも悩んでいるハゲや、薄毛をカバーする為のなんとも滑稽なヘアスタイルの方を、それでも選択してしまう程、坊主スタイルへの破壊力に恐怖を感じてしまうのでしょう。

今まさに薄毛から坊主スタイルにしょうか迷っているあなたにとってこれは大変大きな問題です。

私も数か月前までは、坊主スタイルにしょうか?しまいか?と、迷っているあなたと同じように人一倍疑い深い私も「坊主にしたらこの世の終わりではないのか?」と、今思えば大袈裟ですがその選択にストレスを感じて抜け毛が増えるかと思うくらい悩みました。

記事の冒頭に坊主スタイルに「変身」と記しましたが、フサフサヘアの人が坊主になることは、ただのヘアスタイルの変更ですが、薄毛・ハゲで悩む私達にとっての坊主スタイルは見た目もさることながら、ライフスタイルまでもガラッと大きく変わることを意味する、まさに「変身」です。

もちろん良い方向にチェンジしていきますので安心してください。

しかし、少しの苦悩もあります。

力を手に入れたヒーローは最初は苦悩する

例えば、映画などで活躍するスクリーンの中のヒーローは劇中の冒頭では、最初少し弱くて、アメフト部から意地悪されたりします。

ひょんな事から、信じられないパワーを得るのですが、マスクを被ったり、スーツを着たりする等して、その力を発揮する為に何らかの条件を必要とします。

最初はそのコスチュームに違和感を感じ恥ずかしくもなるのですが、そのパワーを何度か、世のために使う様になると、次第に本人も世間も違和感を感じなくなりヒーローとして成長を遂げていく…的なね。

これがあなたの「サクセス坊主ストーリー」

長くなりましたが、まさにこのストーリーが、薄毛・ハゲで悩むあなたがこれから歩むであろう成長ドラマでありサクセスストーリーなのです。

私は数か月前に一足先に坊主スタイルになり「サクセス坊主ストーリー」を体験しています。

それでは、あなたの歩む「セクセス坊主ストーリー」を解説していきます。

主人公は、あなたです。

薄毛・ハゲ問題で悩んでいます。何をするにもハゲの事が気になって集中できません。いつも鏡を見ては、ため息を漏らし、抜け毛を見つけては憂鬱な気分で毎日を過ごしています。

仕事もプライベートも、人目ばかり気になって上手くいかないばかりか、好きだったスポーツも髪型が乱れるのが心配で遠ざかっています。

そんな時、憂鬱な気分でネットを閲覧していたら偶然「まちかどログの坊主スタイル」の虎の巻を発見することに。

その虎の巻によると、坊主スタイルに変身すると、「ライフスタイルが劇的に好転するには、するが、どうやら最初は容姿の急激な変化に驚愕するかもしれない」と言うような恐ろしいことも書いてあります。

坊主スタイルには、リスクもあるらしい、悩みに悩み抜いたあなたは、坊主スタイルを選択するのか?しないのか?果たして坊主サクセスストーリーはスタートするのか?期待してしまいますね。

ここからは私の体験の話です

坊主スタイルにすると、過去記事で何度も話していますが、見た目としては、予想通りに気に入った!坊主最高!とはなりません。スクリーンの中のヒーローが特殊なマスクやスーツを最初に身に付けた時の違和感です。

慣れるまでに時間はかかります。

例えば、もし自分がスパイダーマンに実際になれたとしても、あのコスチュームを着て、満員電車に揺られて毎日会社に行くことに慣れるのにはかなりの時間が必要でしょう。

私達が、坊主スタイルになって多少の後悔にも似た衝撃を受けて違和感から立ち直る(慣れる)為に時間が必要なのは、坊主スタイルがサラリーマンにとって、とてもレアなヘアスタイルだからといえます。

特に3ミリ以下の坊主となると、一つの車両に2人いるかいないかではないでしょうか?

自分だけ浮いているような感覚を最初は凄く感じます。ヒーローが日常に現れた時の違和感と通ずる所があると思います。

私達も突如、坊主スタイルに変身したことによって、ヒーローの苦悩を、凡人でありながら体験しているとも言えます。

坊主スタイルは、誰でもすぐに慣れる訳がないのです。

坊主にして6か月の私が坊主になる時に躊躇するのはなぜ?を解説
坊主になって6か月目の経過報告です。 坊主になる前、坊主になった後におなたにも訪れる様々な事を私の体験を通して経過を報告したい...

坊主スタイルに変身して得られパワーとは

あれほど抜けないように、減らないように神頼みまでして守ってきたのに、なんと坊主スタイルにして大切な「髪」を捨てるという恐ろしい成約を見ず知らずの理容師さんと交わすことで得たパワーの破壊力の方は、スクリーンの中のヒーローのように瞬時に感じる事ができるからご安心下さい。

この瞬間から変身したのです

スパイダーマン、アイアンマン、ロボコップのアメリカンヒーローはよく見ると坊主スタイルの丸いシルエットです。

きっとヒーローも好きこのんで、悪と戦えるパワーを得る為にマスクやスーツを装着したくなかったはずです。

私達も、同じです。

好きこのんで坊主スタイルしたわけではないのは、やはり苦悩するヒーローとの共通点がここにもありました。

しかし髪を捨てて坊主スタイルに変身した私達が得たパワーはスクリーンの中のヒーロー同様に絶大です。

変身前の自分と比べてみよう

冗談ではなく、もはや坊主スタイルに変身していない、フサフサヘアの一般人より進化していると言えます。まずは、変身前の自分自身との比較から見てみよう。

坊主頭の僕
どんな強風をも恐れない!
変身前の僕
強風が天敵でした、電車のクーラーでさえ髪が乱れてセット台無し
坊主頭の僕
ゲリラ豪雨すら恐れない!
変身前の僕
雨なんてもってのほか、汗をかくだけでも髪がペッタンコになってセット台無し
坊主頭の僕
シンプル・個性的!
変身前の僕
美容室での順番待ちでソファに座りヘアカタログを見ている虚しい時間
坊主頭の僕
清潔!
変身前の僕
部屋やお風呂の排水溝に落ちてる抜け毛の本数に一喜一憂・なぜか突然のフケに恐れおののく
坊主頭の僕
たいしてモテない!でも大丈夫!
変身前の僕
もちろんモテない

薄毛から坊主になって1か月の私が思う5つのメリット・デメリット
人は悩んでばかりいられないので仕事は仕事として、悩みは悩みとして同時進行で人生を生きねばならないのが辛い。 薄毛だからと言って...

今度はフサフサヘアMANと比べてみよう

坊主スタイルになった事で自分自身の忌まわしい過去に勝つ事ができた!

風が吹いて髪が乱れたくらいで、その日一日が憂鬱になっていたあの頃とは全くの別人に変身していました。

坊主MANとして坊主スタイルに変身して得られたパワーは、薄毛で悩むあなたは刺激が強すぎます。

あまり大きな声では言えないのですが、せっかく得られたパワーなので、フサフサな一般人や、以前の私がハゲを隠して生活していた隠れフサフサヘアMANと比較して見たくなりました。

坊主MAN
とにかく支度が早い!

フサフサMAN
髪が濃くても薄くても出かける前は早起きして髪のセットに数十分は必要、毎回うまくキマらないこともある
坊主MAN
白髪が目立たない!

フサフサMAN
年には逆らえない、髪もうねってくるし、パサパサになり白髪染めがとても面倒だしうまく染められない
坊主MAN
案外、いろんなファッションいける!

フサフサMAN
年や、髪型によって似合わないが服あるよ。基本スーツしか似合わなくなるし、休日はゴルフスタイルに落ち着いちゃう冒険できない
坊主MAN
特別モテない

フサフサMAN
モテるやつはとことんモテます
フサフサヘアの悩みを俺たちも悩んでいたら一生坊主になれない
ようこそ坊主の世界へ 薄毛で悩み、もがき苦しみこのまま地肌の面積が増え砂漠化していくことの恐怖から逃れることはできないと真剣に...

坊主MANの弱点

この事は決して言いふらしてはいけませんよ。坊主MANにも弱点があります。

  • 坊主MANが同じ車両に何人もいるとなんか照れ臭い。
  • 坊主MANが同じ車両に乗りこんで坊主MANが隣にいると坊主MANどうし照れ臭い。
  • 坊主MANは真夏は大事な頭皮が紫外線の攻撃を受けている間は不安でならない。
  • 坊主MANの真冬は当然寒い。私の場合は頭頂部より特に後頭部が冷える。長時間外にいるときはニットキャップ等の防寒対策が必要。
  • 坊主MANは、薄暗い店内のスポットライトがよくあたる席や、日当たりの良い窓側の席が苦手だ。なんか頭が光っているように見えているのではないかと不安になる。

坊主MANとは言え、かなりの弱点の多さに驚いた。

番外編

C43A045B-4745-46BF-999D-08A36FCC57CD

坊主MANは、2/11にサッカー観戦に行きました。柏レイソルVSジェフ千葉のプレシーズンマッチです。

試合開始前のセレモニーで、昨年コパ・スダメリカーナ決勝に向かう途中に墜落事故に遭ってシャペコエンセの選手が大勢亡くなりました。

その亡くなられたシャペコエンセの選手の中に、柏レイソルとジェフ千葉の両チームに在籍していた選手がいました。その選手達にスタジアムにいる全ての人が亡くなった選手に対して立ち上がり黙祷をする事になりました。

当然のごとくスタジアムに着ていた1万1千人の全ての人が、立ち上がり辺りシーンと静まりかえり、スタジアムのアナウンサーが言いました。

脱帽して黙祷

あっ!と思いました。こんなにも痛ましい悲しい事故に対して、また自分が応援するクラブの為に必死に頑張ってくれた選手対して「脱帽」を躊躇せずにできたことが、坊主スタイルになって本当に良かったと思った事を付け加えたい。

スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ