スポンサーリンク

坊主の断髪式!不安が少ないのは1000円カットと美容室どっち?

坊主にして6か月経ちました。前回は「坊主になる前に躊躇してしまうのは何故だろう?」についてお話いたしました。

坊主にして6か月の私が坊主になる時に躊躇するのはなぜ?を解説
坊主になって6か月目の経過報告です。 坊主になる前、坊主になった後におなたにも訪れる様々な事を私の体験を通して経過を報告したい...

今回は、坊主になる前に心構えがわかった後に、実際に坊主にカットしてもらう時の場所について坊主にして6か月経った今、改めて考えてみました。

あなたの断髪式は、新たなる人生のスタート

坊主になる前に考える事のおさらいです。

私も、坊主になる前は「ハゲから坊主になること=この世の終わり」と極めてネガティブに考えており、坊主になるまでに数か月間も迷っていました。

坊主になる時に迷ったら「似合うかな?」ではなく「ただの髪型の変更」と考えることです。その結果、髪型を坊主に変更することで早く薄毛・ハゲの悩みが解消されるという目的が達成できるという考えです。

断髪式と仰々しく書きましたが、坊主にして似合わないかもしれないけど、確実に薄毛・ハゲの時に感じていた「隠したい・恥ずかしい」という気持ちが無くなるという素晴らしい瞬間なので、その悩みから解放されるけじめとしての”式”です。

あなたを悩ましている「薄毛・ハゲのあの何とも言えない呪縛」から解き放たれ新たなる人生のスタートが坊主への断髪式です。

坊主6か月後に考える坊主にする時に行くべきところ

坊主になった直後に書いた記事では、坊主にする時には、近所の1000円カットがオススメと書きました。

なぜなら当時の私は、人知れず坊主になりたかったからです。

「もうオシャレな髪型ができない」「この世の終わりだ」と恐れていたので坊主にはなりたくなかったのです。育毛に成功したかったけど、その願いはかないませんでした。

そんな風に坊主になることをネガティブに考えていたので、坊主にした後にも「この坊主スタイルは自分に合っているのかな?」と少し疑問に思っていたからです。

ネガティブな気持ちで、坊主になることの弊害

坊主した6か月前は誰に相談することなく、多くの方が書いているブログのみを参考にして、坊主にする決断をしたのです。

薄毛・ハゲの悩みは孤独ですよね、日々直面する私達を悩ます毛髪に関することの数々を全て一人で耐え抜くのですから。

背中を押してくれる人、肯定してくれる人が欲しかったのかもしれません。それを言ってくれる人は、本心からの言葉でなくてもいいと思います。(変に否定されても決断が鈍ってしまいますし、ドSな人が敢えて似合わないなんて言ったら凹みますからね)

薄毛で悩むあなたに、これから「どこで坊主にするつもり?」の話をしよう
坊主になって2か月ですが、薄毛の人が坊主スタイルのスタートを切る際に、どこで坊主にするのか?を考えてみました。 薄毛・...

あなたの好みで1000円カットと美容室の2つの選択

わかる人にはとても良くわかると思いますが、薄毛・ハゲで悩んでいる人は、繊細で多方面に気を配る事のできる方が多いです。他人の目がとても気になるのも、微妙に揺れる周りの空気を読む感覚が敏感であるが故に、とても恥ずかしがりで、いろいろな事を考えてしまって自分の事を後回しにしてしまいがちです。

坊主になる際も、坊主になった後もこの繊細な感覚がいい方に作用するように、断髪式に行くべき場所を2つに絞ってみました。

祝福されて断髪式=行きつけの美容室

当たり前ですが薄毛で悩むあなたも、伸びていく髪の毛を切る為に月に1回は行きつけの美容室(理髪店)に行っていると思います。

そこでは薄毛・ハゲの状態など、いちいち説明しなくてもあなたの髪の事情を理解してくれる専属の美容師さんがいることでしょう。

その美容師さんがいるから、高いカット料金で予約までして出かけていくわけです。

もし、あなたが坊主にしたいと専属の美容師さんに伝えたら親身に相談にも乗ってくれるでしょうし、プロの意見も聞けるかもしれません。

もしかしたら、現在の髪の状況等からプロが判断して坊主にするのはまだ早い等、アドバイスも聞くこともできます。

様々なアドバイスにより、あなたも納得されて、行きつけの美容室での断髪式(坊主になる時)となりましたら、あなたの専属の美容師さんは鏡に映った生まれ変わったあなたに向かって「お似合いですよ」「坊主いいですね」とあなたの存在をあなたの決断を肯定してくれるでしょう。

信頼を置いた人から「似合いますよ」と言われてスタートする坊主ライフは、坊主になりたてのあなたの心に勇気と力を与えてくれます。

人知れず断髪式=初めて行く1000円カット

坊主にする6か月前の私の選択は、坊主にする自分の決断が鈍らないように、敢えて行きつけの美容室に行きませんでした。

親身になって髪を切っていただいていた美容師さんでしたが、坊主になる時の断髪式は1000円カットを選びました。

理由としては、美容室で坊主にしている人を見た事がなかった事と、カットした後のシャンプー・リンスに後のコーヒーのサービスで椅子で一人待たされる事の違和感や、女性のお客さんも多い事もあり坊主にするのに手厚くもてなされても恥ずかしいですし、坊主にしたらすぐに美容室を出たいと思ったからです。

1000円カットでは初対面の理容師さんに坊主にして下さいと伝えても「なぜですか?」とも、「やめた方がいいですよ」とも言いません。

ミリ数を伝えたら黙々とカットしてくれます。

刈り終われば、ニッコリ笑って「意外に似合うじゃないですか〜」なんて期待してはいけません。だいたい10分くらいで退店となり事務的に全て行ってくれます。

6ヶ月もすればしっくりくるから安心して

坊主になって6ヶ月経って、やっと坊主がしっくりくるようになってきました。

坊主になった頃は、「おかしくないかな〜」と考えたりしていましたが、坊主ライフが板に付いてきたからでしょうか、自分が坊主頭である事を忘れるほど自然なこととなりました。

坊主になって誰かに直接「似合いますね〜」つて言われなくても、6ヶ月もすれば、この世の終わりだと思っていた坊主頭も、生活の一部となり違和感を感じなくなるものです。

人によって個人差はあると思いますが、全く誰からも肯定的な言葉が聞けない場合、坊主が生活の一部になるまでには、ある程度の期間が必要でしょう。

薄毛・ハゲに悩んだあげくに坊主にした普通のおじさんに、わざわざ「坊主が似合ってますね」なんてまず言いませんよね。

自ら坊主のメリットを探すなどして坊主にして良かった事を、実体験から自己肯定する事で自然に、坊主が薄毛・ハゲで悩む私の理想的な髪型ということに確信が持てるようになります。

まとめ

薄毛・ハゲからの坊主は、時に孤独を感じる事があります。周りのみんなも気を使って坊主にした事を触れてこなかったりします。

こちらから「似合う?」とか気持ち悪いですしね。

そんな時に少し不安になったりして、孤独感を感じるのは人間だからしょうがないですよね。

誰からも肯定されなくても、薄毛・ハゲで悩んでいた事のほとんどは解消されます。これは経験上ハッキリしています。

その悩み解消されていくことで「似合ってるかな?」「みんな変だなって思ってないかな?」なんて不安を追い抜いて、そういう事を感じなくなっていくのがわかりますので安心してください。

そんな坊主にした直後に起こる不安も嫌だし、6か月も待ちきれないと思っているあなたには、断髪式の2つの選択肢の中の一つの行きつけの美容室で坊主にしてもらったら、その後も何回か通ってその都度「似合いますね」と言ってもらいましょう。という方法もありますよ!

お会計の時に、信頼している美容師さんに「坊主の方が似合いますよね」って最初から言ってもらえたら、坊主にした直後からあなたに自信を与えてくれます。

スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ