スポンサーリンク

シンプルで豊かな”フランス流”坊主スタイル生活は、坊主にした直後から誰でも実践できる

坊主スタイルを楽しんでますか?

楽しむ?

楽しめるの?

そんな疑問にお答えるのがこのブログですが。

結論から言って楽しめます!

坊主スタイルにして2年以上がたって、今年は3回目の年末を迎えるまでになりました。

今もカッコいい坊主スタイルを目指して日々試行錯誤の連続ですが、前回のブログの記事でも少し触れましたが、どうやら、坊主スタイルとパリのオシャレな生活と坊主スタイルには密接な関係があると結論にいたりました。

オシャレなパリ風の坊主スタイルを目指したいと思うあなたは是非参考にしてください。

フランス流”パリ風坊主スタイル生活”とは

驚いた事にフランス人は、部屋にゴミ箱を置かないんだって!(キッチンには置く)
つまり、必要な物以外を持たないので、捨てる必要がないからだそうです。

フランスでは、お店で買い物をした時の「包装」も、日本のようにコンビニでお弁当とポテチと缶コーヒーを買ったら、当然のように、温めたお弁当とポテチとコーヒーを別の袋に入れてくれる。

こういった「包装」がフランスには無い為、自然とゴミが減るらしい。

悩み深蔵
坊主とフランス人の何が関係あるのさ!
坊主です
気がつかないんですか?坊主は知らぬ間にシンプルな生活を送れていることです!

日本では当たり前の過剰な包装と同じように「ハゲはカッコ悪い」・「欧米人と比べて坊主は似合わない」・「女性にモテない」といった、習慣や固定観念に縛られて考え方も生活も複雑にしてしまっていないでしょうか?

俺らには髪がない・髪をもたないおかげでシンプル生活

ハゲの時は「もっと髪を増やしたい」・「髪を減らしたくない」と持っているものをキープすることをひたすら考えてました。

失っていく髪に一喜一憂していた頃と、坊主スタイルにしてから「髪」を捨てた私達の身の周りに普通にあった「ハゲ悩み時代の必需品」は、キレイさっぱりなくなっていることに気がつくはずです。

  • 抜け毛(ゴミ)*数えている人もいる
  • 整髪料(数種類)
  • 育毛剤(数種類)
  • プロペシアの空き箱
  • 髪にいいサプリ
  • リンス
  • ドライヤー
  • ブラシ・くし
  • 美容室のポイントカード

これらの多くは「ハゲはカッコ悪い」からと、なんとか体裁を良くしようとして頑張っていた時に必要だったものです。

悩み深蔵
確かに洗面台や、部屋もキレイになっているよね。
坊主です
前はこれらが無いと不安になったでしょ?

でも、私達坊主スタイルは、もう必要としなくなった。

ゴミは、かなり減りましたし、抜け毛も床に落ちてません。

私もそうだったように、日本人の男性の誰もが「髪を捨てるなんてとてもできない!」と思っているに違いないでしょう。

「髪」を捨て、坊主スタイルを維持している私とあなたは、それだけでも無意識に「フランス流生活術」を実践しているのです。

悩み深蔵
なんかカッコいいかも!

▼フランス人のシンプル生活の参考になりました

心当たりあるよね「日本人は不安な気持ちになりやすい」

日本人の多くが「不安遺伝子」と言われるセロトニントランスポーター遺伝子S型を受け継いでいる割合が世界で一番高いらしいのです。

悩み深蔵
どうりで不安になるわけだ

だから、不安遺伝子の影響を受けてか、ハゲが進行してしまった時の不安たるや、実際になってみた事のある人にしかわかりません。

外出時には一泊旅行か?と思うくらい、整髪料や、急な雨に備えて折りたたみ傘など「ハゲ隠しの道具」を鞄に持って出かけないと不安でした。

持ち物ばかりでなく、こんな「不安」でさえも、実は「心のお荷物」でしかないことに、最近気が付きました。

ハゲの悩みという、これほど重たい「心のお荷物」を担ぐのをやめてしまう選択肢もあるのだということです。

パリ風坊主スタイル生活は、まだまだ続く

フランス人は、自分で簡単なDIYで壁をペイントしたり、本棚を作ったり、日曜大工が大好きのようです。

これも、物を捨てない・大切に使う(ゴミを出さない)生活スタイル。

坊主スタイルにして、数年が経ち、自分自身で坊主スタイルの違和感を感じなくなった頃から心の余裕ができたのか(フランス人との共通点を無理やり探すなら)DIYのような事をしだすようになったのです。

これを「パリ風坊主スタイル」と呼ばなくて何て呼ぶのだろうか!

坊主です
ブログ内でよく話してますが坊主スタイルしたことでのメリット第1位は「時短」です!
悩み深蔵
髪に使うエネルギーは膨大だからなぁ

その分時間もお金もどんどん使ってしまいます。

▼坊主スタイルのメリットがわかります

もう坊主になった言い訳に困らない!坊主頭は完璧な時短ライフハック術だから
今、あなたは「坊主頭にしょうかな?」と考えていながら、同時にこんなことも考えていませんか? 坊主にした後に「友達になんて言おう...

浮いた時間とお金が生活を豊かにします。

ハゲ時代は「ハゲをなんとかしなければ」にエネルギーを使っていたので、買い物までも最初に考えることは「さぁ支度しなきゃ」です。

この支度とは、ハゲを隠す為の儀式のようなもので、高い技術と集中力を必要とします。

坊主です
思い立ったらすぐ行動を起こせないのが問題でした

何をするにも先ずは「支度」でしたので、行動力が鈍り、よっぽどの事がない限り「後回し」としていたことも多かったはずです。

例えば、簡単な補修等のDIY。

ホームセンターで部材を買うなどして、自分で作業するDIYです。もちろん通販で部材を買うのもOKです。

坊主です
しかし、最後に実際に作業するのは自分です!

薄毛・ハゲあるあるですが、こういった作業時には、無駄に伸ばした髪が邪魔になるので、帽子を被ったり、タオルを巻いたりしますが、時にそれすら邪魔になる時があります。

そして、帽子を脱いだ後、タオルを取った時は、誰にも見られてはいけない姿になります。

その点、坊主スタイルはどんな姿勢になろうとも、何も邪魔になるものがなく、作業に集中できます。

そのおかげか仕上がりもよく完成した時の爽快感といったら、極力、髪が乱れることを避けてきたハゲ時代には味わえない気分です。

その気分の良さに味をしめてDIYをするようになりました。

フランス風坊主は、車の板金と靴の踵のリぺアに挑戦

最近挑戦したのが、車のドアの板金と靴のかかとの補修です。

結構、踵がすり減ってしまったのを我慢して履いていたのですが、さすがに限界となったところで、今までなら靴は捨ててました。(階段や、エスカレーターで人の踵の減り方がよくわくので、自分の踵も見られていると思うと恥ずかしい・・・気にし過ぎかな?)

板金は、自転車が倒れ助手席側のドアが凹んでしまいました。

こちらも、いつもなら業者に連絡して高い金額を払っていたところですが、ネットで調べて・作業内容をYoutubeで勉強し、最終的にこれならできると判断して、アマゾンでデントリペアセットを購入し、休みの日の半日を使って修復に成功しました!

▼今回役に立ったデントリペアセット

坊主です
業者に頼めば数万円が3000円程度でした!

▼靴の踵の修復剤は東急ハンズで購入しました

坊主です
駅にある靴の修理屋さんに頼めば両方で6000円ところを1500円程度で済ます!

結果、業者に頼まずに自分でできることは自分でやることによって、無駄な出費を抑え、物に対する愛着が増すことにつながり心も豊になった気分です。

まとめ

男性は、坊主頭はカッコ悪いって誰もが思っていると思います。
女性は、ロン毛よりマシ、バーコードヘアよりマシだと思ってくれているようです。

容姿で論じ合えば、特に男性からの支持は得られませんが「生き方」「ライフスタイル」「生活術」言い方はそれぞれですが、このような響きには男性・女性からも少しは共感していただけるのではないでしょうか?

坊主にしたことで、無理にではなく、カッコイイから真似しようでもなくですよ、坊主スタイルになっちゃうと、自然に「環境に優しい男・行動力のある男・道具を使える男」になっていくのです!

坊主です
そうそう、フランスにはハゲが多いみたいです

そして坊主・スキンヘッドにする人も多いみたいです。

私の勝手な想像ですが、これまでのフランス人の考え方だと、ハゲちゃったら生活に邪魔だから坊主にしちゃうんでしょうね。(無駄にハゲの部分をカバーするのは過剰包装みたいなものでしょうか?)

「パリ風坊主スタイルのススメ」の話でしたが、明らかに前よりは「生き方」そのものが充実していると思っています。

スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ