スポンサーリンク

坊主の料理好きが「USAのエッグマフィン愛」を感じさせるキッチン家電に出会う

あの~私が坊主・ハゲ・薄毛の事ばかり毎日考えていると思っているかもしれませんが、たまには、別の事も考えます。(人間だもの)

結構ね「モノ」が好きなんです。坊主スタイルにしたことで、前向きに生活できるようになったので、お料理なんかもたまにするんですよ!

そんなわけで「食材をこぼさず手早く移せるアイデア」について商品化したものがサンプルとして会社に届きましたので遊んでみました。(ジャンケンに負けて持ち替えることはできませんでした)

USAのエッグマフィン愛が感じられる製品

日本にも、欧米にも、ソウルフードがあります。

日本はお米(ごはん)・アメリカのソウルフードといえば「ハンバーガー」その仲間といえば、エッグマフィンですよっ、マクドナルドにいけば売ってるでしょ。

アメリカじゃそれを自宅で作っちまおう!っていう豪快な考えから生まれたキッチン家電が、このエッグマフィン製造機なんです。

坊主です
商品名はエッグマフィンサンドイッチメーカー

最近、日本で流行っているようなかわいらしいデザインから遠くかけ離れた雰囲気です。

坊主です
THE武骨
悩み深蔵
バックトゥザフューチャーのドクの部屋にありそうなデザインですね

エッグマフィンが簡単に作れる様子が見れるよ!

逆だるま落し方式でエッグマフィンをつくる感じです。もしくはテーブルクロス引きのようにして、上のバンズと卵を下のハムとバンズに落として完成となります。

  1. 下のリングにパンを置く
  2. チーズやハムなど具材を乗せる
  3. スライドできる蓋を閉じる
  4. 上のリングには生玉子とパンを乗せえる
  5. 蓋を閉じて200度で5分で焼き上げます。
  6. 最後に2つのリングの間にあるツマミを横にスライド。
  7. 焼き上がった目玉焼きとパンが落ちて下のパンの上にサッと移せます。

さすが、アメリカ!火傷とか心配ないのか?

実際に見てみると、思ったよりも小さいので、場所はとらないと思います。それにコンパクトなおかげで「メカ」っぽくカッコいいと思いました。

鉄板の熱い部分がむき出しなので子供とかいたら危ないかもしれません。

そういえば、日本では自宅でハンバーガーってつくらないですよね。
世間では行列のできるパン屋さんとか、パン好きも結構多いのにね、不思議ですね?

考えてみれば、「エッグマフィン製造機」がないんですもの、当たり前と言っちゃ当たり前ですけどね。

悩み深蔵
男の一人暮らしに、キッチンに一つあっても良いかもね。

バンズ → チーズ → ハム → 卵 → バンズの順番でエッグマフィン製造機にセットしたら5分間、コーヒーでも入れてるうちに出来上がるからね。

坊主です
アツアツのエッグマフィン食って会社へGO!
悩み深蔵
この色もなかなかいい!
ハゲから坊主の私が女子グループと料理教室で学んだラクレットと自然体とは!
坊主スタイルにして2年以上も経ちますと「自分は坊主スタイル」だと「脳と気持ち」が一致してきたせいか自ら違和感を感じる事がなくなってき...
オイシイ焼きたてマフィンは最高です

今度は日本のソウルフード「米」!

仕事がらどこの小売店でも必ず曙産業さんのキッチン用品を見かけます。

最近では「モチスラ」でしょうかね。ヒルナンデスでも紹介されてましたから、お正月も近いですし品切れする店もあるかもしれませんね。

それに、全品国内生産のメイドインジャパンです。

坊主です
ものつくりの新潟県燕市からアイデアにあふれた製品を世に送り出しています

誰でも必ずやってしまう、お米を研ぐ際の不便を解消

日本のソールフードは「お米」ご飯を炊くとき必ずする作業がお米を研ぐ事です。

無洗米も、もちろん流通していますが、ここは一つお米を研ぐという部分にフォーカスしたいと思います。

人によっていろいろやり方があると思いますが、米を研ぐと何度も研ぎ汁を捨てますよね。
その際に気を付けていても少し米粒がこぼれしてしまう経験はありませんか?

坊主です
バイトの時先輩に怒られたなぁ
下の動画のようにザルとボウルが動くのでお米の入ったザルを傾けることなくボウルを動かすことによって研ぎ汁だけを捨てることができるので、お米を落とす心配がなくお米を研ぐ作業がはかどり、時短につながります。
悩み深蔵
こんな便利グッツあったの知らなかったよ
坊主です
さぁ動画を見てみよう!

お米を研ぐときに一粒も落とさないザル・ボウルだ

動画出典:曙産業公式より

お米が排水溝に流れるモッタイないですよね

まとめ

キッチン用品の進化はスゴイです。

プロの業務用として使われて商品が一般家庭でも使わるようになり、メーカーも新しいアイデアをどんどん投入してくるので、新製品情報に目が離せません。

今回の商品は、食べ物をこぼさない、落さない、一つも無駄にしなようにする日本の「勿体ない」が商品に反映されています。

その勿体ない精神が結果的に料理を快適にしています。

スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ