スポンサーリンク

ハゲの面積が広いと坊主の長さはどんどん短くなるよの話をしよう

坊主の長さについて知りたいのですね。坊主の長さを決める目安があるので、今日はあなたに最適な坊主の長さを見つける目安について話してみようと思います。

まず、あなたは薄毛・ハゲから悩んだ挙句に坊主にしようかと考えてますか?それともフサフサヘアで坊主にイメチェンしようとして坊主の長さについて知りたいですか?

薄毛・ハゲからの悩んで坊主スタイルの長さならお任せ

フサフサヘアから坊主スタイルにしても、髪はすぐに伸びるし、ある程度の長さになれば美容師さんが上手に調整してくれますし、坊主スタイルが気に入らなければ、違う髪型にする等して、いくらでもやり直しがきくので何の心配もありません。

そんなフサフサヘアのあなたが、どんな坊主スタイルの長さにしても、それなりにカッコよくキマルでしょう。

とてもうらやましいです。私のように薄毛・ハゲからの坊主スタイルはある意味、片道切符でもう後戻りできないのですから

薄毛・ハゲから坊主にしたらもう後戻りはできないけれど、人生のやり直しがきく

薄毛・ハゲの進行具合によりますが、風が吹く等して地肌が露わになった時、それを必死に隠したいレベルまで進行しているようであれば、一度坊主スタイルにしたら、もう後戻りできないでしょう。

というよりもう後戻りしたくないでしょう。(髪が生えるなら後戻りしたいけど)

たまに、ヤフー知恵袋で「これはハゲですか?」って普通に「つむじ」の画像を見せてくれる相談者いますよね。

そういう方もいるなかで、薄毛かな?と思い始めた位のあなたの場合、まだ髪が結構ある状態ということですね。

特に頭頂部にまだ毛があるなら、行きつけの美容師さんに相談するなどして、まだ丸刈りの坊主スタイルにしなくてもいいでしょう。

しかし、あなたがM字+頭頂部がハゲてきたのなら、今度はもう6mmじゃ長いかもしれませんね。

私もM字+頭頂部を何とか残った髪と整髪料を駆使して地肌を覆っていましたが、そのおかしな髪型に限界が来たので坊主スタイルを選択しました。

6mmでデビューした坊主スタイルでしたが、よりハゲが露わになっていくにもかかわらず、すぐに3mmになって、さらに1mmになっていくことになります。

坊主になって5か月目になりました。とうとう私も6mm、3mmと来て1mm坊主に到達いたしました。 たった2mmの変化ですが、な...

苦しいがハゲの面積が大きいなら長さは短い方がいい

私もあなたと同じように錯覚していました。

最初は、誰しもできるだけ坊主の長さを長めにしたいと思います。最初から3mmとか心が受付ないでしょう。

例えるなら、悩みに悩んで、誰も入った事のない深さがどれくらいかもわからない洞窟に一人で入っていくようなものです。

一度、入ったら最後、2度と出られなくなるかもしれませんし、自分の選択が間違いだったと気付かされ後悔するかもしれない・・・・ハゲから坊主スタイルになる人の決断とはこれくらい心が揺れ動く厳しい選択ですからね。

でも6mmより長い、例えば9mmだと、すぐにハゲと毛がある部分の境界線が目立ってしまって、昔ながらの典型的ハゲ頭っぽくなってしまいます。

しかも髪は、どんどん伸びてしまうから6mmに刈った数日は何とか見栄えが良くてもすぐに納得いかなくなるでしょう。

薄毛から坊主になって3か月たちました。 このブログを始めた頃に坊主の長さについて書いた記事があります。その時は薄毛から坊主にな...

もともと、現状に納得いかないから坊主スタイルを選ぼうと思っていますよね

男は外見じゃないと髪型や、ファッションに全くこだわらない人も大勢いる訳です。

しかし、「ハゲの状態を悩み続ける事や、このおかしな髪型でいることが、自分の中の何かがこのハゲを隠そうとして、四苦八苦している姿が許せない」と思っているから、坊主スタイルという恐怖のどん底まで自分を追い込みながらも、新しい人生を探そうとしているあなたが、今そこにいますよね。

フサフサへアは坊主にしても、後戻りができるが、ハゲからの坊主は後戻りできない。けれど人生をやりなおせる。

薄毛に悩んでいました。2か月前まで。今はハゲを隠すために長かった髪をバッサリ切って坊主スタイルにしました。 薄毛の時の悩みとは...

ハゲからの坊主スタイルは、ハゲの面積で長さを決める

ハゲの面積が広ければ、坊主の長さは短く。

ハゲの面積が狭ければ坊主の長さは長くてもいいでしょう。

ただし、ハゲの事で悩むほどなら6mm以下が目安。なぜなら、地肌と毛のある部分が目立たない最小限の長さが最も自分にあった長さということです。

適切な坊主に長さを知るためにマイバリカンでデータを収集

私も、最初6mmからスタートした坊主スタイルライフですが、何度もこのブログでも話しているように、3mm・1mmとだんだん短くなって行ってます。

これは地肌と毛のある部分の境界線を極力目立たない長さを模索する為、日々のバリカンによるセルフカットによるデータの蓄積によって現在の1mmに落ち着いています。

悲しいかな、1mmまで刈らないと境界線が目立ってしまうということです。

でもハゲが目立ないように、ハゲを隠す姿が自分でも滑稽と思っていたなら、その目的は達成されているということです。目標が一つでも達成できたということは喜ばしいことです。

その後、「自分には坊主スタイルは似合わないな~」とか「坊主スタイルだと目立っちゃうな~」とか後悔のような気持を感じる時がきます。しかしよく考えてみてください。

あなたは、ハゲを変な髪型で隠し強風を恐れ、鏡ばかりを見て、他人の目線を気にしていたあの頃にもう一度戻りたいと思いますか?

まとめ

  1. 坊主の長さを決める前に、ハゲの面積を考えてください。薄毛くらいでこんなのハゲじゃないって場合は、丸刈りの坊主にしなくてもOK。
  2. ハゲの面積が広いなら長さは6mm以下。なぜならハゲの部分と残りの髪の境界線が目立ってしまうから。
  3. バリカンを買ってセルフカットしていく中で、自分の理想の坊主スタイルの長さを探していく。

髪がフサフサだった若い頃、円形脱毛症を患いながらも、いろいろな髪型を楽しみました。パーマをかけたり、ロン毛なんかにもしました。

今となってはいい思い出です。まさか自分が1mmの丸刈りの坊主になるなんて夢にも思わなかったです。

もう、あの頃のようにロン毛や、パーマをかけたりはできないでしょう。坊主スタイルとともに生きていく訳です。

もう後戻りはできないのです。

しかし、不思議と後戻りしたいとは思わないので、この坊主スタイルにした私の選択は、1年を経て、私にとっては最良ということだったということでしょう。

あなたにとっての最良はどこにあるのか探してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ

Translate »