スポンサーリンク

坊主にする前に心配していた事の9割は起きないから大丈夫

msandersmusic / Pixabay

坊主スタイルを選ぼうとしているあなたも、実は、坊主にした後をイメージして「本当にいいのか?後悔しないのか?」を心配ばかりして、行動を起こせず何か月も迷っていませんか?

坊主スタイルにする前にたくさんの不安を抱えすぎて、多くの人が坊主にするべきか?しないべきか?について迷っているようです。

8か月前に坊主にした私の経験では「坊主にする前に心配していた事の9割は起こらない」事がわかりましたので、シェアしていきます。

坊主スタイルにした後の心配の9割は起こらなかった

今回は坊主にしたら後悔するか?その心配は本当に訪れないのか?にフォーカスしていきます。

薄毛・ハゲに悩んでいるあなたにとって最も嫌いな髪型は、坊主ではないでしょうか?坊主スタイルにするという事は、今まで頑張って来た「育毛に成功していつかは復活する!」考えとは、逆行した行為に他ならないので当然です。

思い起こせば8か月前、なかなか成果が出ない育毛に薄毛・ハゲの悩みが深くなるにつれ、もう心の限界が迫ってきていました。

週末が近くなると「今週末は、坊主にしょう」と鏡に向かって、髪を両手で頭全体を隠すようにして、おでこを出した姿を鏡に映して坊主スタイルをシミュレーションしました。

鏡に映ったその姿は、私の想像以上に似合ってはおらず、その度に「オレに坊主は似合わない最悪!」と、決行しょうとした私の「週末の坊主計画」は、何度も計画倒れとなり悩みを引きずったまま何カ月も経過してしまいました。

このように、あなたも「とにかく似合わないから坊主はアウト」と思い込んでいませんか?

坊主にして後悔するという心配の9割は無い

冷静になって一度考えてください。薄毛・ハゲに悩んでいる私達の今の髪型と比べて、似合わなかったらどうしよう?って心配は果たして、意味があるのでしょうか?

なぜなら、あなたは薄毛・ハゲで悩んでいます。それを隠そうとして残った髪をかき集めて四苦八苦している状況の髪型に満足していると言えますか?

私は、ハゲ隠しの髪型に満足していませんでしたが、やはり坊主にしたら後悔するのではないか?と意味のない考えを巡らせてその間ずっと、悩み続けていました。それはとても勿体時間だったと、坊主スタイルにした今は感じています。

ようこそ坊主の世界へ 薄毛で悩み、もがき苦しみこのまま地肌の面積が増え砂漠化していくことの恐怖から逃れることはできないと真剣に...

もう一度、冷静に今を見つめてください。

毎朝、四苦八苦して完成した髪型は多少の雨風をも、しのげない程に頼りなく違和感ばかりが目立つ髪型で、毎日を過ごしている事を忘れてはいけません。

その整髪料で固めた作り物の様な髪型に満足されているなら、坊主スタイルが似合うかな?の心配はありですが、「薄毛・ハゲという根本的な問題」と「違和感ある髪型」の二重の悩みに苦しみ続けているのなら「坊主スタイルが似合うか?似合わないか?を心配すること」なんてよく考えれば、それ自体無駄な事です。

現状が0点なら坊主にしてプラスになっても0点以下にはならない

今思えば、私は何故?こんな事に気が付かずに「坊主スタイル計画」を実行出来ずに数ヶ月も躊躇していたのかなぁ〜って思ってます。

あなたが、もし自分の髪型について悩んでいるとして、現在の髪型に点数をつけるとしたら何点ですか?

「薄毛・ハゲ・違和感ある髪型」に悩んでいる時点で髪に関する自己評価は低く、もっと深く悩んでいるとしたら0点以下のマイナス点であるのではないでしょうか?

悩みの根源はすぐに改善がベスト

自己評価0点の今の髪型をやめて、坊主スタイルにすることで、ハゲがバレないかな?・強風が怖い等の数え上げればキリが無いほどの、あの地獄の苦しみが、坊主スタイルという髪型を選択することによって解放されます。

「人生を翻弄してきた髪」即ち悩みの根源を改善することで0点以下だった自己評価が間違いなくプラスに転じますので心配することはないのです。

薄毛に悩んでいました。2か月前まで。今はハゲを隠すために長かった髪をバッサリ切って坊主スタイルにしました。 薄毛の時の悩みとは...

まとめ

今日は、坊主にしたら後悔するか?とても心配で多く人は坊主スタイルにすることを迷いますよね。私もその一人でした。

何故「後悔するかも?という心配の9割は起こらないのか」まとめてみましょう。

①そもそも何を悩んでいるかを考える

  • 髪が薄くなって自分のイメージとかけ離れていくことに納得いかない
  • 治療もしたが、時間もお金もかかるし、その間の悩みが絶えない
  • 薄毛・ハゲを気にする事から始まる毎日に疲れてきた

②ハゲを隠そうとしている髪型に問題があると考える

  • 薄毛・ハゲを隠そうとする髪型はセットに時間がかかる上に、雨風に弱い
  • 乱れた時のとっさの修復が困難
  • そもそも髪型として成立しない

③もともと気に入らない髪型だから失くしてしまっても問題ないと考える

  • 今までのハゲを隠す髪型に満足していますか?してないですよね。
  • あなたを悩ませる「髪」に執着しても、この先いい事ありそうですか?
  • 坊主は昔から子供からお年寄りもしている普通の髪型であることを思い出す
悩みの根源を見極める → その根源「髪」を断つ → 坊主スタイルに改善

悩み(自分がハゲだとわかってしまうことが恥ずかしい)がなくなり堂々と生きる事が出来るごく一般的な坊主という髪型に変更しただけです。

坊主スタイル自体は日本中で知らない人がいない程、子供からお年寄りまで街中で普通に見かけます。そんなごく普通の光景に後悔や不安があるのがおかしいのです。

坊主スタイルにしたら後悔してしまう心配の9割は起こりませんでしたので参考にしてください。

スポンサーリンク
関連広告
オススメの記事

シェアする

ブログランキング

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ

Translate »